え!シミの原因に!?

写真拡大

ダイエットや美容目的に、朝フルーツを食べている人も多いのでは?果物は糖分が多いので、朝に食べるのが常識。朝ごはんをフルーツに置き換えてダイエットしてる人も。特に、ビタミンCが多いグレープフルーツやキウイは人気。でも、実は美容に良いと思って食べている朝フルーツが、シミの原因になっているかも?

■ グレープフルーツに含まれるソラレンがシミの原因に

朝に爽やかなグレープフルーツ。ビタミンもたっぷりで美容に良さそう♪でも、グレープフルーツがシミの原因になってしまうことも!理由は、グレープフルーツに入っている成分「ソラレン」。ソラレンは、光に反応して活性化する物質のことで、メラニン色素ができるのを促進する性質を持っている。ベルガモットやグレープフルーツの精油に光毒性があるのは有名。光毒性とは紫外線に反応して皮膚にダメージを与えてシミや炎症を起こすこと。それと似たようなことが、食べ物からの摂取でも引き起こされてしまう。

■ ソラレンは柑橘系に多く含まれる

ソラレンは、グレープフルーツ以外にも、多くの柑橘系の果物に含まれている。レモン、オレンジ、みかん、ザボンなど。他にも、野菜ではキュウリ、パセリ、シソなどにも、ソラレンは多く含まれている。ソラレンは摂取後、数時間で体にまわって、日焼けしやすい状態になるので、朝食や昼食の食材は注意して!

■ シミを作らないためには夜食べること

レモンを始めキュウリなど、ビタミンが多い食材は、美容にも健康にも大切な栄養素。シミが気になるからといって全く食べないわけにはいかない。そこで、ソラレンが多く含まれる食べ物は、外出しない夜に食べるのがオススメ。屋内で仕事をしている人ならランチのお供にしたり、夕食に食べるようにしよう!また、同時にビタミンCが豊富な食品を一緒にとれば、シミができるのを抑える効果も期待できる。せっかく食べるなら、朝ではなく夜に食べて美容に良い習慣づくりを♡

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・ls2016 編集:nanapi編集部)