夏こそ潤いを!“刺激に強い肌”を作る保湿ケアの極意

写真拡大

暑い夏の季節。汗をかくと肌がしっとり潤って見え、ついつい保湿ケアを忘れてしまうなんてことはありませんか? 実は保湿ケアは暑い季節でもとても重要なのです。今回は、保湿ケアの重要性と今日からできるケア方法を紹介していきます。
刺激に弱い肌って?
肌は常に外気に触れることで刺激にさらされています。空気中のほこりや汚れ、夏の強い日差しや冬の乾燥、エアコンなど、肌に刺激を与えるものはさまざまです。特に、紫外線は真夏に限らず一年中降り注いでいるので油断できません。乾燥している肌は刺激に弱く、肌トラブルを起こしてしまいます。

刺激に強い肌って?
水分と皮脂のバランスがとれた潤いのある肌は、刺激に対するバリア機能に優れており、肌トラブルへ発展することを抑えることができるのです。

­

このバリア機能を担うのが、肌のいちばん表面にあたる角質層。角質層は肌の洋服のような役割で、外部刺激から守り、潤いを保つ働きがあります。また、健康的な肌は、角質層で行われる肌細胞の生まれ変わりのサイクルが正しく行われていることが特徴です。
今日からできる保湿ケア
まずは、正しい洗顔です。メイクや一日の汚れを落とし、化粧水をしっかり受け止められる土台作りをしましょう。ゴシゴシと力を入れてこすったり、一日に何度も顔を洗うのは、肌の生まれ変わりのサイクルを乱してしまい、未熟な肌細胞でできた弱い肌を作ってしまいます。熱いお湯も皮脂を取りすぎてしまい、乾燥肌の原因となるため、ぬるま湯を使いましょう。

­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­

土台ができたら、しっかり肌に水分を与えていきます。化粧水は両手で顔を覆うように、ゆっくり馴染ませていきましょう。手のひらに500円玉大を取り、優しく押さえ込みます。3回ほど繰り返すことがおすすめです。

­

次に、美容液を使って肌にうるおいと栄養を与えます。美容液は悩みに応じて、選びましょう。美白が気になる方はシミの元となるメラニンの生成を抑えるビタミンC誘導体やアルブチンなどが入っている物を、乾燥が気になる方は、保水力に優れたセラミドが配合された物がおすすめです。目元・口元などが気になる方は、美容液のあとにクリームを塗り、油分を補うことで、乾燥による小じわ対策ができますよ。

­

そして、外出の際はしっかりファンデーションや下地をつけましょう。ファンデーションは肌をキレイに見せるだけでなく、肌のコートのように外部の刺激から肌を守り、潤いを逃さない役割もあるのです。乾燥が特に気になるときは、保湿成分がたっぷり入ったファンデーションにチェンジしてみましょう。

­

肌がベタつく夏は、潤っていると勘違いして、保湿ケアを怠りがち。しかし、実は皮脂が出ているだけで、水分が足りていないことがままあるのです。紫外線やエアコンによる乾燥から肌を守るためにも、しっかりと水分を補って!

­

<プロフィール>

宮村さき

美容ライター/コスメコンシェルジュ

外資系コスメの元トップ販売員。売上1位の実績から、スタッフへのスキンケア研修なども行う。コスメコンシェルジュの資格を取得後、美容コンテンツ制作会社へ入社。編集業務に従事する傍ら、自身の経験を活かした美容テクニックをコラム等で紹介している。

­

写真© naka - Fotolia.com