写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マクニカネットワークスは7月29日、ヤフー(Yahoo! JAPAN)へ、EMM(エンタープライズモバイル管理)ソリューション「MobileIron」を提供したことを発表した。

Yahoo! JAPANでは、全社員約6000人にiPhoneを貸与しているほか、営業や管理部門を中心にWindowsPCを約8000台、開発部門を中心に約4000台のMacを貸与しているほか、検証用として数百台のAndroidデバイスも保有している。

これらの管理すべきデバイスが多岐にわたることから、運用方法や管理工数に課題を抱えているという。

今回、モバイルデバイスとPCの両方が統合管理可能であることや、デバイス故障時に迅速にセットアップして新しいデバイスを提供できること、将来BYODにも対応可能なことを観点に新たな管理ツールの検討を開始し、マクニカネットワークスが取り扱うEMMソリューション「MobileIron」の導入を決定した。

現在、Yahoo! JAPANはすべてのiPhoneを「MobileIron」で管理しており、導入後のメリットとしてiOSのバージョンを容易に把握する機能により、古いバージョンを使用しているユーザに対して即座にバージョンアップを促すことができるほか、利用者を一目で特定でき端末の資産状況が把握できることが挙げられ、当初課題であった運用方法の改善や管理工数の削減が期待できるとしている。

(辻)