本日7月29日、映画『シン・ゴジラ』が公開となった。総監督を『エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明さんが務めていることでも注目を浴びている作品だ。

 公開初日の舞台挨拶後、東宝「ゴジラ」シリーズのTwitter公式アカウントでは、ゴジラ役を務めた人物が発表された。

 その人物とは、なんと狂言師の野村萬斎さん。作品内では、モーションキャプチャーを使い、野村さんの動きをフルCGのゴジラに反映しているそうだ。

 撮影風景では、ゴジラの背びれや尻尾を身に着けて、動きを表現している野村さんが写っている。

 この情報を受けて、多くのユーザーから驚きの声が上がっている。また、狂言師ならではの動きに期待を寄せるファンも少なくない。

 実際に映画館に足を運んだ際には、映像の迫力やストーリーとともに、ぜひゴジラの動きにも注目してみてはいかがだろうか。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら