『背骨から自律神経を整える ねじるだけで体と心が変わっていく!』(石垣英俊著、清流出版)は、2014年にベストセラーとなった『背骨の実学』(池田書店)の著者による新刊です。

根底にあるのは、骨や関節、筋肉のトラブルはもちろん、内臓、自律神経、メンタルの不調など、あらゆる不調は背骨に現れるという考え方。

そこを軸として、健康な背骨づくりによって自律神経を整え、不調を改善し、老化を防ぐためのノウハウを明かしているのです。

きょうはそのなかから、本書の核のひとつである「中医学」についての記述を引き出してみたいと思います。

中医学の基本的な考え方を知ると、体の関係する部位や改善法が理解しやすくなり、健康な体づくりにも役立つというのです。

■西洋医学と中医学の違いとは

中医学は、中国の伝統的な医学。古来4000年もの昔から経験的に伝えられていた医学で、1973年ごろに系統立てられ、理論化されたのだそうです。

ご存知のとおり、西洋医学(現代医学)は病気の直接原因を立つことや、症状を抑えることが中心。

それに対して中医学は、その人の体質や状態によって対処法を変え、自然治癒力を高めながら回復に導いていくのだといいます。

中医学の基本が、「陰陽五行論」。

自然や宇宙、人間の体、起きている現象など、この世にあるすべてのものは表裏一体の関係にあり、5つの性質に分けられるという理論だと著者は解説しています。

いうまでもなく、陰陽は正反対の性質を持つものを指します。たとえば、表と裏、男と女、昼と夜、上と下、興奮と抑制など。正反対のものでありながら密接に関係し、つながっていると考えるのです。

どちらかが強すぎたり弱すぎたりすると偏りが出るため、陰陽のバランスが大切になるということ。

中医学では、外部環境と内部環境のバランスがうまく整っている状態を「健康」と考えるのだといいます。

外部環境である自然とのつきあいが上手になったり内部環境のバランスがいい状態であれば、ちょっとしたストレスや外部環境の変化にも、うまく適応できるようになるのだとか。

このような考え方が、「整体観念」です。

■自然界の性質5つとの関係性

そして陰陽五行論は、「木・火・土・金・水」という自然界の性質5つに、体にあらわれる現象や部位、方角や季節といった自然を分類するもの。

それらは絶えずつながりあい、影響しあっているという関係性があるのだそうです。

たとえば「水は木を養い、木は燃えて火になるというような協力的な働きかけ(相生関係)をする一方で、「水は火を消し、木は土から養分を奪う」といった抑制する(相剋関係)を持ちながら影響しあっているという考え方。

よく聞く「五臓六腑」という分け方も、この陰陽五行論に基づいたもの。中医学では、人間の体や生理活動を「五臓六腑」に分類して考えるのだそうです。

五臓は「肝・心・脾・肺・腎」、六腑は「胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦」を指し、五臓と六腑は表裏関係にあるのだといいます。

これら五臓六腑も、「木・火・土・金・水」の性質に分けられ、中医学では体に起こるすべてのことは密接につながりあっていると理論づけているわけです。

■西洋医学とは根本的に違う!

なお中医学における「肝」や「腎」は、西洋医学の肝臓や腎臓とイコールではないとか。

ひとつの内臓器官を指すのではなく、代表的な内臓を中心に関わり合って生まれる生理現象や働きを意味しているというのです。

たとえば「肝」の働きを見てみると、「肝」は「胆」と表裏一体関係にあるため、肝が病んでいるときには怒りっぽくなり、また怒りの感情は肝を痛める原因にもなるのだというのです。

そして肝の状態が悪いときは、目に症状が表れやすく、涙が出やすくなったり、爪がもろくなるなどの傾向も見られるのだそうです。

そこで、目の症状に対して肝の状態を改善させる治療を並行して行うことが往々にしてあるのだとか。

■体はすべてがつながっている

五気の「風」は、風を避けたほうがいいという意味。

しかし「風」には揺れ動くという意味もあり、つまり、めまいなどの症状を意味する場合もあるといいます。

また、五色の「青」は皮膚の病色であると同時に、その色の食品を食べるといいともいわれているのだそうです。

こうやって見ていくと、体はすべてがつながっていて、なにひとつとして無駄に表れている現象はないということがわかるわけです。そしてもちろん、それらが背骨とも密接に関係するということ。

このように本書では、背骨を軸としながらも、それ以外の「つながった」物事がわかりやすく解説されています。イラストをふんだんに取り入れた各種チェックも実用的。手元に置いておくと、きっと役に立つと思います。

(文/作家、書評家・印南敦史)

 

【参考】

※石垣英俊(2016)『背骨から自律神経を整える ねじるだけで体と心が変わっていく!』清流出版