気持ちの良い一日がスタートできる!

写真拡大

TVや雑誌でも聞いたことのあるキーワード「デトックス」。有名女優さんやモデル、セレブリティの中では、習慣として取り入れられている健康法の一つでもありますね。今日はさまざまある「デトックス」の中でも、簡単手軽にできるデトックスティーをご紹介したいと思います。一日の終わりに一杯飲むだけで翌朝の目覚めはスッキリ!気持ちの良い一日がスタートできますよ。

■ そもそもデトックスとは一体なに?

実は、デトックスの元祖はインドの生命科学「アーユルヴェーダ」だといわれています。医学と深い関わりがあり、オイルを使用してのデトックス方法。「アーユルヴェーダ」は現在でもサロンなどでできるデトックス方法です。すごく昔から存在していた「デトックス」。最近では私たちの生活に身近になっている健康法の一つだと思います。

> アーユルヴェーダは世界3大医学の一つであり、インド・スリランカで生まれた約5000年以上の歴史を持つ世界最古の伝統医学です。サンスクリット語のAyuh(生命・寿命)Veda(科学・知識)を合わせた言葉から、生命そのものを科学する医学、あるいは実践的な生活健康法として受け継がれてきました。(出典:「アーユルヴェーダとは?」Expanse..アーユルヴェーダのエステサロン)

■ デトックスって本当に必要なの?

私たちの生活は日々進化しています。そんな中、便利になり過ぎてしまっている部分もあり、気が付かないうちに食品添加物、農薬などの多用、環境汚染など外部からの有害物質を体内に溜め込んでしまっている可能性があります。毒素が体内に溜まっていくと、体に色々な悪い症状を与えかねません。最近、疲れがとれにくい、朝がどんより、肌荒れが続くなど継続的に続いているネガティブ症状は、もしかしたら体内に蓄積された毒素が原因かもしれませんね。ネガティブ症状が出る前に、日頃から手軽にできるデトックスを心がけて体内をクリーンに保ちましょう。

■ お家で簡単デトックスティー

デトックスにはいろいろな方法がありますが、手軽で簡単な方法の一つとしてデトックスティーはおススメですね!

◎ 超簡単♡3つのステップでホームメイドデトックスティー

【用意するもの】
・お湯:230ml
・ペパーミントのティーバッグ:1個
・生姜の搾り汁:小さじ1杯
・オリゴ糖:大さじ1杯
・レモン汁:大さじ1杯

【作り方】
・1.お湯にペパーミントのティーバックを入れてティーを作る
・2.オリゴ糖とレモン汁を入れる
・3.生姜の搾り汁を入れる

ペパーミントは胃腸に働きかけて解毒のお手伝いをしてくれます。またオリゴ糖は腸内環境を整えてくれ、ビタミン豊富なレモンと体を温めくれる生姜も入っているので、一日一杯飲むだけで体の変化が感じられるかもしれません。

◎ ちょっと変わった「ミルクのデトックスティー」

【用意するもの】
・水:500ml
・ジンジャーパウダー:大さじ半
・シナモンパウダー:大さじ半
・ウコンパウダー: 小さじ1/4杯
・カルダモン:少々
・ハチミツ:小さじ半
・ミルク又はアーモンドミルクなど:1/2カップ

【作り方】
・1.水を沸騰させます
・2.ミルク以外のすべて材料を沸騰させた水に入れて煮込みます
・3.最後にミルクをゆっくり丁寧にかき混ぜながら入れます
・4.適度に冷まして完成!

健康に良い効果がありそうな香辛料ばかり!アメリカでは「ミラクルティーデトックス」として話題になっています。病気予防に効果がありインドでは古くから飲まれているお茶です。 飲むタイミングは朝起きて一番に飲むと効果的だそうです。

◎ 多忙な方にはこれがおススメ!

毎日忙しい方は、自分でデトックスティーを作る時間も惜しいもの。そんな方には手軽に購入できるデトックスティーがおススメです。飲みたいときにすぐに飲めるティーバックタイプのものがいいかもしれません。オフィスやランチタイムにも持っていきやすく、手軽に飲めるので忙しい方でも気づいたときにデトックスできますね。

■ 寝る前に飲むのがベストタイミング!?

デトックスティーの効果を発揮するには、やはり寝る前のリラックスタイムに飲むのがおススメ!翌朝の目覚めをスッキリさせたい場合は、毎日寝る前に一杯飲むだけで気持のよい朝を迎えることができるでしょう。また寝る前に飲むことにより体を温め、安眠効果も期待できるかと思います。毎日の一杯を習慣にすることで体内をクリーンに導いてくれことに期待ができます。寝る前に飲む場合は、カフェインゼロのデトックスティーを選ぶことをおススメします。

■ まとめ

体がどんよりしているときはデトックスティーを飲んで、スッキリ快爽な気分になりませんか?

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・Hagie 編集:nanapi編集部)