世田谷公園に『ポケモンGO』のプレイヤー殺到でトラブル多発 区が配信会社に事態の改善を要請

写真拡大 (全2枚)

海外でも大人気のスマホアプリ『ポケモンGO』の日本版が、7月22日にリリースされて一週間が経過した。日本でも大人気となったが、それにともない様々な事故やトラブルが発生している。

世田谷区にある世田谷公園には、ゲーム内でレアキャラの『ミニリュウ』が出現するということでプレイヤーが殺到。昼夜問わず人が集まり、問題となっているようだ。

世田谷公園のサイト
http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1217/1271/d00004239.html

には

位置情報ゲーム「ポケモンGO」に関する注意喚起について
公園内が「ポケモンGO」をプレーする方で混雑し、昼夜問わず様々なトラブルが発生しております。ジョギングコース内での滞留や、他の公園利用者を撮影す ること等は、トラブルの原因になります。また、ミニSL「ちびくろ号」の運行にも支障が出ております。公園内ではルールやマナーを守り、他の利用者の迷惑 となるような行為はやめましょう。

とあり、また世田谷区の公式ホームページ

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/106/157/692/d00147775.html

には

世田谷公園内が「ポケモンGO」をプレーする方で混雑し、昼夜問わず様々なトラブルが発生しております。 現在、世田谷区では、「ポケモンGO」の配信会社に事態を改善するよう要請しております。また、園内では注意喚起の掲示や、チラシの配布により利用者のマナー改善を求めております。

という文章が掲載される事態に。『Twitter』などでも、周辺に捨てられた大量のゴミなどの写真がアップされるなどしている。

子どもたちがゴミ拾いをしているという情報もあり、くれぐれもプレイヤーにはマナーを守ってゲームを楽しんで欲しいところである。

※画像は『世田谷区』のサイトより引用