三陽商会が7月29日、2016年12月期 第2四半期決算を発表した。通期の連結最終損益を3億円の黒字と予想していたがこれを大きく下回り、95億円の赤字になる見通し。 三陽商会が95億円赤字の見通しの画像を拡大

 2016年12月期通期業績予想は、主力の百貨店マーケットが引き続き厳しく、また先月発表した希望退職者募集に係る費用を含む事業構造改善費用として約30億円を特別損失に見込むことを踏まえ、売上高700億円(前年比28.1%減)、営業損失68億円、経常損失66億円、親会社株主に帰属する当期純損失95億円に下方修正した。また2016年12月期の期末配当予想についても、業績の悪化を受け当初予想の1株当たり8円から1株当たり4円に修正した。同社は低迷の理由について、2015年春夏シーズンをもってバーバリーブランドのライセンス事業を終了したこと、また百貨店展開ブランドが苦戦したことなどを挙げている。 また、2014年に公表した「中期5ヵ年経営計画」は、バーバリーライセンス事業の終了と、これに替わるマッキントッシュ ロンドン及びブルーレーベル / ブラックレーベル・クレストブリッジの新事業の初年度実績が計画を大幅に下回り、既存事業の業績も計画に届かなかったことを理由に一旦取り下げることを発表した。