男装の女剣士・中沢琴を演じる黒木メイサ

写真拡大

来年、'17年1月14日(土)にNHK BSプレミアムで放送予定のスーパープレミアム「花嵐の剣士 〜幕末を生きた女剣士・中澤琴〜」の制作開始が発表された。黒木メイサ主演で、剣術“法神流”の達人で、幕末を駆け抜けた男装の女剣士・中澤琴の活躍を描く。

琴の兄・貞祇を筒井道隆、琴の腕前を見抜き言葉を掛ける坂本龍馬を加藤雅也が演じる。ほか出演は、田中美里、吉沢悠、袴田吉彦、池内万作、宅間孝行、波岡一喜、青山倫子、西村雅彦ら。

制作統括の篠原圭と小泉守は「主演の黒木メイサさんは撮影の2カ月前から特訓に取り組み、“法神流”の独特な動きをマスターしました。“天狗剣法”とも呼ばれる法神流をダイナミックに表現するためワイヤアクションも導入しましたが、黒木さんのスキルはアクション監督・柴原孝典が目を見張るほどに上達、強さと美しさが同居する男装の女剣士“中澤琴”そのものになっています。

黒木さんの本物の剣術アクション、さらにワイヤアクションを取り入れたエンターテインメント時代劇『花嵐の剣士』をお楽しみに」とアピール。

黒木は「“その人を知る者はここにはもういません”という言葉から始まるこのドラマ。残された資料は少ないけれど激動の時代を生き抜いた中澤琴さんを、今というタイミングで演じさせていただけること、うれしく思います。

時代劇…映画やドラマで作り出された世界のように感じるけど、過去、この日本は激しく嵐のような時代があり、今の私たちの暮らしへとつながれているんだとあらためて感じています。私たちの未来はどういう日本になっているのだろうと考えられずにはいられません。中澤琴さんを、日本のことをたくさんの方に知っていただけますように」とコメントを寄せた。