【珍景】クラゲの中に集まる大量の魚を発見!理由は〇〇だからだった・・・。

写真拡大

タイで珍しい光景が撮影された。

クラゲの中に大量の魚。一体なぜ…。

魚にとっては「安全圏」。
身を守りながら食料を確保!

Earth Touch」によれば、周囲にいる長細い魚は、トランペットフィッシュ。突進している様子は、中にいるアジの仲間を食べようとしているところだという。

つまり、アジの稚魚は外敵から身を守るための隠れ蓑としてクラゲの体を選んだというわけ。必死の防御策だったのだ。そこには食べるものもあり、体が大きく成長するまで身を隠すことがあるとか。

つい見入ってしまう魅力的な映像だが、自然界の厳しさをまざまざと見せつけられるワンシーンだ。

専門家の話では、カニやカメ、ヒトデなど、まるでヒッチハイクでもするかのように便乗する生き物はたくさんいるらしい。ちなみに、それぞれが何を目的としているかはいまだわかっていない部分も多い。

Licensed material used with permission by Earth Touch