マーベル、DC、ハリポタ…「コミコン」で公開された必見予告編10選

写真拡大

米サンディエゴで開催された「コミコン・インターナショナル」の楽しみのひとつは、新しい映画のトレーラーが一斉に公開されることだろう。マーベルやDCコミックス作品から「ハリー・ポッター」シリーズの新作まで、『WIRED』US版が選ぶ10の予告編を紹介する。

「マーベル、DC、ハリポタ…「コミコン」で公開された必見予告編10選」の写真・リンク付きの記事はこちら

米国サンディエゴで7月20〜23日(米国時間)に開催された「コミコン・インターナショナル」では、(米国で)今後1年以内に上映される重要な映画やテレビシリーズのほぼすべての予告編が公開された。

オンラインには大量の動画が溢れているため、いくつか見逃していても不思議ではない。そこで『WIRED』US版は、おすすめの予告編10作品を選んでみた。

関連記事スーパーヒーローに学ぶ未来のブロックバスターのつくり方

マーベルがNetflixで配信する作品、DCコミックスの素晴らしい新作、J・K・ローリングが再び描く魔法使いの世界、そして「ブレアウィッチ」シリーズの復活。サンディエゴに来ることができなかった人、オンラインで紹介された動画の数に圧倒されている人は、この10作品を見れば予習はばっちりだ。

1.『ドクター・ストレンジ』

「オー・マイ・ゴッド」。7月22日の夕方、会場ホールHのマーベルのステージで、俳優のベネディクト・カンバーバッチは手を震わせながらこう言った。「またストレンジな震えが来た」

マーベルが刊行するアメコミを映画化した『ドクター・ストレンジ』で、カンバーバッチは主人公を演じた。天才的な脳外科医だったが、事故で腕が動かなくなってしまったことがきっかけで魔術を学んだ人物だ。

主人公の兄弟子だが師の命を狙うモルド男爵(キウェテル・イジョフォー)の言葉から、大男カエキリウス(マッツ・ミケルセン)まで、(最新のトレーラーには)新たに見る要素があちこちに盛り込まれている。ストレンジの師であるエンシェント・ワン(ティルダ・スウィントン)も惜しみなく魔術を披露し、文字通り建物を曲げている。(TEXT BY PETER RUBIN)

2.「シャーロック」

ベネディクト・カンバーバッチが登場するのは『ドクター・ストレンジ』だけではない。彼が主演するBBCの人気テレビシリーズ「シャーロック」のファンたちは会場で、シーズン4の予告編を楽しんでいた。

キーワードは「すべては試されている」「すべての人が脅威にさらされている」、だ。いったい何の脅威にさらされているのだろう? はっきりとはわからないが、宿敵モリアーティのことかもしれない。2017年になればはっきりするだろう。(TEXT BY ANGELA WATERCUTTER)

3.「ルーク・ケイジ」

マーベル・テレヴィジョンのプレゼンテーションでは、同社がNetflixに配信したドラマ「ルーク・ケイジ」についてほんの少ししかわからなかった。しかし、新たに公開された予告編では、「ハーレムのスーパーヒーロー」の物語がリアルに伝わってくる。きっと素晴らしい作品に違いない。

トレーラーでは、ヒップ・ホップ・アーティストODBの楽曲「Shimmy Shimmy Ya」を効果的に使い、ルーク・ケイジが暮らすニューヨークの暗さや危険さを表現している。ただし、チェオ・ホダリ・コーカー監督はユーモアも忘れていない。シリアスなドタバタ喜劇を楽しみに待とう。(TEXT BY K.M. MCFARLAND)

4.『ジャスティス・リーグ』

「戦士を探している」。DCコミックスのスーパーヒーローたちが集結するアドヴェンチャー映画『ジャスティス・リーグ』の予告編で、ベン・アフレック演じるバットマンの主人公、ブルース・ウェインはこう呼びかける。

審査を経て、短気な海の男・アクアマン(ジェイソン・モモア)、「フラッシュ」と呼ばれるスピードスターのバリー・アレン(エズラ・ミラー)、テクノロジーで強化されたサイボーグ(レイ・フィッシャー)が選ばれる。世界に正義をもたらすというウェインとワンダーウーマン(ガル・ガドット)の計画を実行するには、3人全員の力が必要だ。

果たして3人は手を貸してくれるのだろうか? アレンは「協力するよ!」と叫ぶ。この物語に皆が引き込まれるのは間違いないだろう。(TEXT BY BRIAN RAFTERY)

5.『ワンダーウーマン』

パティ・ジェンキンス監督が、『ジャスティス・リーグ』にも登場するワンダーウーマンの映画の予告編を初公開した瞬間、この映画はコミコンで最も期待される作品のひとつになった。ジェンキンス監督は長年待ち望まれていた女性のスーパーヒーロー映画について、「いまこそ絶好のタイミングだと感じています」と語った。

予告編を見終えたとき、わたしたちも同じ気持ちになった。(ワンダーウーマンの武器である)金の投げ輪をもってしても、わたしたちをこの作品から引き離すことはできないだろう。(TEXT BY PETER RUBIN)

6.『スーサイド・スクワッド』

『スーサイド・スクワッド』は、DCコミックスが刊行する同名の漫画シリーズの実写映画化だ。デヴィッド・エアー監督はプレゼンテーションで、「コミック本のような映画をつくりたいと思った」と語った。美しく、めちゃくちゃで、陽気な作品を目指していたのだとしたら、それは狙い通りだ。

ホールHで公開された最新の(そしておそらく最後の)予告編は、残忍さとユーモア、アクションを余すところなく伝えている。さあ、大虐殺の始まりだ。音楽は、ロックバンド、トゥウェンティー・ワンパイロッツのほか、ラッパーのリック・ロスとスクリレックスだ。(TEXT BY ANGELA WATERCUTTER)

7.『ブレアウィッチ』

最も驚かされた予告編は、もちろん『ブレアウィッチ』だ。7月22日の夜に発表されるまで、この映画の存在を知る者すらいなかったのだから。

ジェームズ・アレン・マキューン扮する主人公は、1999年に公開されたオリジナルの『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』で行方不明になったキャンパー、ヘザーの兄。友人たちとともに捜索のために森に入り、さまざまな恐怖を体験する。SFアクション映画『ザ・ゲスト』で成功を収めたアダム・ウィンガードとサイモン・バレットが再びコンビを組む。(TEXT BY BRIAN RAFTERY)

8.「アメリカン・ゴッズ」

英国生まれのSFファンタジー作家、ニール・ゲイマンが2001年に出版し、ヒューゴー賞やローカス賞を受賞した小説『アメリカン・ゴッズ』をもとにしたテレビシリーズ。

英国の俳優リッキー・ウィトル演じる主人公、シャドーは元囚人だ。刑期を終えて出所すると、新旧の神々の戦いがまさに始まろうとしていた。古き神マッド・スウィーニーから、新しい神のテクニカル・ボーイまで、小説のファンにはおなじみのキャラクターたちが数多く登場する。脇を固めるキャストもスター揃いだ。脚本は『ハンニバル』などのブライアン・フラー。(TEXT BY PETER RUBIN)

9.『コング:スカル・アイランド』

ギャレス・エドワーズ監督の『GODZILLA ゴジラ』(日本語版記事)が好きな人であれば、キング・コングを題材にしたレジェンダリー・ピクチャーズの新作『コング:スカル・アイランド』も気に入るはずだ。

物語の舞台は1970年代。作品は、映画『地獄の黙示録』のような雰囲気を醸し出している。兵士や戦場カメラマンらのグループが調査のために森に入り、キング・コングの縄張りを横切ってしまうという。

ジョーダン・ボート・ロバーツ監督は素晴らしいキャストを選んだだけではない。この作品は、恋に落ちた巨大な類人猿を描いた古いハリウッド映画を懐かしみ、コピーしただけの映画には見えない。(TEXT BY K.M. MCFARLAND)

10.『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

ハリー・ポッター」シリーズの新作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』では、オリジナルシリーズを書いたJ・K・ローリングが初めて脚本を手がけている。

舞台は、シリーズ1作目から約70年前の米国。英国の俳優エディ・レッドメイン演じるニュート・スキャマンダーが、魔法界の生き物たちを米国に持ち込み、誤って逃がしてしまう。そして、公務員の魔女ポーペンチナ・ゴールドスタイン(キャサリン・ウォーターストン)やマグル(普通の人間)のジェイコブ・コワルスキー(ダン・フォグラー)の助けを借りて、生き物たちを連れ戻そうと奮闘する。

予告編は、ファンたちの気持ちを代弁するセリフで締めくくられている。「わたしも魔法使いになりたい」(TEXT BY K.M. MCFARLAND)

RELATED