具材は切って乗せるだけと調理も簡単! /調理=瀬戸口しおり 撮影=竹内章雄

写真拡大

いよいよ夏本番の暑さの地域も多いよう。そんな日は手間なしで簡単に作れ、しかも食べやすいスタミナレシピを作ってみてはいかが? 腸の悪玉菌を退治してくれるキムチを使い、さらに乳酸菌の食べ物となる食物繊維が豊富なセロリもプラスし、「腸活」にもぴったり。暑い台所でも火を使わずにささっと作れ、忙しい日のお昼やお酒のシメにもおすすめ。さっぱりと食べやすいのでお酒のシメにもぴったり。今季定番のメニューにして活用してみて。

【写真を見る】セロリは新陳代謝や免疫力をアップさせてくれる

【冷やしキムチクッパ】(1人分251Kcal、塩分3.3g)

<材料2人分>かに風味かまぼこ2本(約20g)、セロリ1/3本、きゅうり1/2本、白菜キムチ50g、塩蔵わかめ25g、ご飯(粗熱をとったもの)茶碗2杯分、スープ(とりガラスープの素小さじ1弱、酒大さじ1、塩・しょうゆ各小さじ1/2、湯1/4カップ、水1と3/4カップ)

<作り方>(1)スープを作る。スープの素を湯で溶き、酒、塩、しょうゆを加えてよく混ぜる。さらに水を加えて混ぜ、冷蔵庫で冷やす。(2)わかめは水でもどし、一口大に切って水を絞る。セロリは長さを半分に切って縦細切りにする。きゅうりは斜め薄切りにし、縦細切りにする。キムチは一口大に切る。かにかまぼこはほぐす。(3)器にご飯を盛り、(2)をのせ、(1)をかける。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】