小籠包や牛肉麺など台湾グルメ、台北ユニバ選手村で提供へ  果物や農業PR

写真拡大

(台北 29日 中央社)台北市政府は来年市内で開催されるユニバーシアード夏季大会に参加する各国の選手らに台湾のおもてなしの心を感じてもらい、果物と農業のPRにつなげようと、名物グルメを選手村で提供する。

ユニバーシアードは28日、選手村での食事提供に関する記者会見を開催。会場にはショウロンポー(小籠包)やルーローファン(滷肉飯、豚肉そぼろご飯)、牛肉麺、パイナップルケーキなどの代表的メニューのほか、スイカやバナナなどの農産物などが並べられた。

食事提供に関するコンサルタントを務めるのは、過去に数多くの国際大会で食事プランニングを担当してきた経験を持つイベント・プランニング・グループ(EPG)。同社の担当者は、主なねらいは台湾の文化と食べ物を紹介することだとし、選手用レストランでは、台湾グルメのコーナーを設けるほか、調理実演を行う計画を明らかにした。

同大会飲食・運動保護処の担当者によれば、台湾を訪れる選手は約1万5000人。担当者は、食事面で高評価を得られれば、大会自体に対してもより良い印象を持ってもらえるだろうと期待を示した。

(劉建邦/編集:名切千絵)