あんなに泣いたのは初めて…孤独なシングルマザーを勇気づけたおじいちゃんの親切が感動的

写真拡大

米国のテレビ局のキャスターに寄せられた、あるシングルマザーの体験談が話題になっています。

シングルマザーの体験談

KTVUのキャスター、フランク・サマービル氏の元に、ひとりの女性から体験談が寄せられたそうです。

その話に感激したサマービル氏は、内容をFacebookに投稿。

多くの人の感動を呼び、2日間で48万人以上が「いいね」をしています。

駐車場でバッテリー上がり

体験談を寄せたのは29歳のタウニー・ネルソンさん。

4人の娘を持つシングルマザーです。

Tawny Nelson / Facebook

Tawny Nelson / Facebook

ネルソンさんは、夫が家を出ていってから、9歳、5歳、2歳、6か月の娘を女手ひとつで育てているそう。

ある日娘のうち3人を車に乗せて買い物に行きました。

駐車場に車を停め、娘とともに買い物を済ませて戻ってくると、車のエンジンがかかりません。

娘のうちの1人が誤ってライトをつけたままにしていたためバッテリーが上がってしまったのです。

誰もが見て見ぬふり

折悪しく雨も降ってきていました。

他の車から電気をわけてもらう「ジャンピングスタート」のため、2時間ほど20人以上に頼んだそうですが誰もが見て見ぬふり。

さらに5歳の娘は不機嫌になり、6か月の娘はお腹がすいて泣きだし、ネルソンさん自身もつらくなり涙があふれて……。

74歳の男性が手を差し伸べて

そんな時、車の窓がノックされました。

ノックしていたのは74歳の男性。

ネルソンさんにチキンやビスケットを渡してくれ、こう言ったそうです。

「娘さんたちに食べさせてあげて。今、レッカー車を呼んだよ。それにもうすぐ妻が車でここに来るから、あなたがたを家まで送ってあげる」

ネルソンさん一家と車は送ってもらって無事帰宅。

「お礼は“諦めないこと”」

さらに翌朝、その男性はネルソンさんの家にメカニックを連れてやってきました。

男性はすぐに帰りましたが、メカニックはバッテリーの交換だけでなく、壊れていた窓まで修理してくれたそう。

代金を払おうとすると「もう(男性に)払ってもらいましたから」とのこと。

さらにメカニックはその男性からの伝言として「何かお礼をしたいなら、決して諦めず、素晴らしいママでい続けること」と語ったそうです。

Tawny Nelson / Facebook

Tawny Nelson / Facebook

ネルソンさんは「これまで生きてきた中であんなに泣いたのは初めて」というほど感動したといいます。

「私が崩れ落ちそうなときに、自信を取り戻させてくれた。お礼を言うことすらできなかったけれど、いつか誰かに、私がしてもらったようなことをして恩返ししたい。つらい思いをしている人がこれを読んで、天使は思いがけない時に舞い降りることを知ってほしい」と語っています。

感動のコメント多数

サマービル氏は「その親切な男性がこれを読んでくれますように」とコメント。

Facebookには「暗いニュースでなく、こういう話を載せてくれてありがとう」「9歳の娘さんはこの日受けた親切のことをきっと忘れないでしょう」といったコメントが多数寄せられています。