写真提供:マイナビニュース

写真拡大

freeeは7月29日、鳥取銀行との業務提携を行い、freeeユーザー専用の鳥取銀行インターネットバンキングプランの提供などの共同の取り組みを進めていくと発表した。

freeeは、インターネットバンキング口座のデータを自動でソフトに取り込む機能を提供しているが、同社が5月に実施した調査では、法人事業所の半数以上にあたる56%がインターネットバンキングを利用していないことが分かったという。そして、その理由として挙げたのが、手続きの面倒さだという。

そこで、同社は鳥取銀行と業務提携し、freeeユーザー専用のインターネットバンキングプランである「freee提携プラン」を鳥取銀行から提供する。このプランには「クラウド会計ソフト freee」とのデータ連携に必要な機能のみが含まれ、ユーザーは初期設定に迷うことなくインターネットバンキングを導入し、「クラウド会計ソフト freee」を利用開始することができるという。また今後は、「クラウド会計ソフト freee」と鳥取銀行のインターネットバンキングサービスである「とりぎん砂丘ダイレクトサービス」の公式API連携も検討していくという。

(丸山篤)