本当に育てるべきは“子どもの器”! 10歳までの「親子コミュニケーション」のコツ

写真拡大

何を聞いても「さあ」「別に」「忘れた」「知らない」……。もし、そんな一言で子どもが心を閉ざしてしまったら?

「怒鳴らないと言うことを聞かない子」になるのは何故? しつけを始めるタイミングとコツ

子どもとの会話が続かないという悩みは、ある時期多くの親が持つものかもしれません。内閣府の「国民生活選好度調査」(平成23年度)によると、「親子の間の対話があり、互いに相手を信頼していること」という項目を「重要」「きわめて重要」とした人は合わせて87.2%。

一方、実際にこの項目が「十分満たされている」「かなり満たされている」人は合わせて59.8%。理想と現実の間には、約30ポイントもの隔たりがあります。

日常的なことながら難しい「親子の会話」。そこにはコツがあって、しかも10歳までの過ごし方がその後の親子関係を決めてしまう――。そう話すのは、フリーアナウンサーで「NPO法人 親子コミュニケーションラボ」を主宰する天野ひかりさん。

天野さんの著書『子どもが聴いてくれて話してくれる会話のコツ』(サンクチュアリ出版)から、親子の会話のコツを読み取ってみましょう。

「大きな器」を育てよう

アナウンサーが書いた会話のテクニック本と聞くと、具体的な会話術のあれこれが書かれていると思う人が多いはず。ですが、本書で天野さんがまず訴えているのは「会話以前に、まず“親の役割”を考えてみましょう」ということ。

本書で訴えられていることは、「親のいちばん大切な役割は『子どもの自己肯定感を育てること』」。

自己肯定感、すなわち「自分は必要とされている、愛されている」「自分のことが好き」と思える、強い気持ちのこと。この気持ちがあれば、何かに挑戦して学んでいけたり、壁を乗り越えられたり、相手の立場を思いやれる子どもに育ちます。

自己肯定感を育てる、というと少々難しそうですが、これを本書では「器(うつわ)を大きくすること」と言い換えます。

天野さんはこう考えます。

子どもが身につけるべき知識や情報、社会のルール、他者とのコミュニケーションを『水』とするなら、それを受け止める『器』は大きくて、深くて、丈夫であってほしい。

怒られたり、失敗したりしたらヒビが入ってしまう器や、すぐに水がいっぱいになってしまう小さな器では、非常にもったいないと思いませんか?

出典『子どもが聴いてくれて話してくれる会話のコツ』

子どもの器を大きくする2つのステップ

器、つまり自己肯定感は、3つの要素から成り立っている、と天野さん。それは、

(1)呼吸や睡眠によって、身体を健康に保つ働きをする「脳幹」

(2)心をつかさどり感情を育む「大脳辺縁系」

(3)考える、記憶するなど、脳の高次機能をつかさどる「大脳(皮質)」

です。

このうち、子どもが身につけるべき知識や情報、社会のルール、他者とのコミュニケーションなどは、(3)の大脳(皮質)にあたり、器のたとえで言うと、中にたまる水です。

一方、たくさん水をためておける大きくて丈夫な器を作っているのが、(1)脳幹と(2)大脳辺縁系。自己肯定感の強い子どもを育てるためには、知識や社会ルールを教えるよりもまず、この2つのステップを踏むことが先決だといいます。

さらにショッキングなことには、10歳までに器の成長はほぼ決まってしまい、その後はこの成長が緩やかになってしまうというのです。

器がないのに水を入れると……?

天野さんのこの主張に、筆者も思い当たることがありました。

筆者自身、3歳の男の子を育てる母です。まだ「会話」という段階ではありませんが、それでも「お友達との物の貸し借り」や「順番を守って遊ぶ」といった社会のルールを学ばせなければなりません。

「おもちゃを借りたいときには『貸して』というんだよ」「〇〇ちゃんが先に遊んでいたから、順番ね」

何度、そんな言葉をかけたでしょうか。それでも、子どもにそんな言葉はまったく伝わらず、しまいには「何度言ったらわかるの!」と自分がイライラ、ヘトヘト。

こうした言葉は、天野さんの指摘する“水”の部分だったのです。しっかりとした器を作る前に水をジャブジャブと流し込んでも、一向にたまらないはずです。

会話も同じ。「自分は、自分のままで大丈夫。愛されている」、そう感じられれば、安心して自分の意見や考えを伝えたり、相手の思いをくみ取ったりと、上手にコミュニケーションを取れるようになっていくといいます。

コツは「身体を育み、心を育む」

器を構成する2つの要素のうち、「脳幹」は身体を健康に保つ働きを持っています。これがすべての基礎。呼吸、睡眠といった生活リズムを整え、身体を健やかに保ちます。

もう一つ「大脳辺縁系」は心の働き。親に認められていると実感することによって発達します。そのために重要なのが、親の「認める言葉がけ」です。

意識して「認める言葉がけ」を

「〇〇しなさい」「〇〇しないで」「ありがとう(ごめんなさい)は?」

一日に何度となく口にしてしまうこうした言葉は、天野さんによれば「すべて間違い」。こうした、否定したり指示する表現は、自己肯定感の成長を阻む言葉の代表例だといいます。

一方、自己肯定感を育てるのは、「子どもを認める言葉がけ」。

たとえば、空を緑色に塗った子どもを「きれいな色に塗れたね」、女の子とばかり遊ぶ男の子を「お友達と仲良く遊べてえらいね」、電車の中で走り回ってしまう子どもを「元気だね!」と認めてみるのです。

「電車で走ってはいけないよ」と教えるのは、その後。まずは子どものやること、話すことを受け止めることが会話のスタートラインになる、と天野さんはいいます。

しかし、静かにするべき場所で静かにしていることをほめるのは案外難しいもの。出された宿題をきちんとこなすなど、いいことをしても「当たり前」と取られてしまう文化が日本にはあります。

だからこそ、意識して認める言葉がけをすることが親の最も重要な役割なのでしょう。

すぐできるコツは「ただ繰り返す」

会話以前の「器」の育み方をしっかりと確認したうえで、本書では会話の具体的なコツを解説しています。ここで、すぐに使えるコツをひとつご紹介しましょう。

それは「子どもの言葉を繰り返す」。子どもが「痛かったんだ…」と言ったら「痛かったんだね」、「おいしい!」と言ったら「おいしいね!」と、ただ繰り返す。簡単なことですが、子どもは「わかってもらえた!」「理解してくれた!」と感じるといいます。

ここで「どうして痛かったの?」「何があったの?」などと理由を尋ねるのはNG。せっかく生まれた「話したい」という気持ちを邪魔することになりかねないのです。

ただ繰り返す、この基本を守れば、「子どもがどんどん自分から話し出すようになる」と天野さんは太鼓判を押します。

大きな器を育てること、そして、ただ繰り返すこと。これからの親子関係を満ち足りたものにするために、子どもが幼い今だからこそできることを始めてみませんか?