映画『ブレードランナー』続編が17年に公開 - リドリー・スコット製作総指揮&ハリソン・フォード主演

写真拡大

SF映画の金字塔と言われるリドリー・スコット監督映画『ブレードランナー』の続編の映画化が、34年の歳月を経て遂に実現。日本では、2017年11月に公開予定だ。

[ この記事の画像をもっと見る ]

続編の舞台は、1982年公開のオリジナル作品から数十年後の世界。リドリー・スコットは製作総指揮を執り、ハリソン・フォードが前作の主人公リック・デッカード役を再び演じる。監督は『プリズナーズ』『ボーダーライン』などで独特の映像美と世界観が高く評価されているドゥニ・ヴィルヌーヴが務め、ハリソン・フォードのほかライアン・ゴズリング、ロビン・ライトらの出演が発表されている。

物語の詳細は未だ不明だが、前作の脚色を手掛けたハンプトン・ファンチャーとマイケル・グリーンによる脚本は、フィリップ・K・ディックの原作小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』のストーリーを継承しているようだ。

【作品情報】
映画『ブレードランナー』プロジェクト ※タイトル未定
日本公開:2017年11月
製作総指揮:リドリー・スコット/監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタ