専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第65回

 みなさん、日夜ゴルフに励んでいると思いますが、最近の調子はどうですか?

「絶好調」ですか? ならば結構。でもね、「何で好調なのか、述べてください」と言われると、みなさん返答に困るようです。

 まあ、好調のときは別に理由を語れなくても困らないのですが、問題は不調のときです。叩く理由を見つけないと、対処のしようがありません。そんなわけで、調子の悪いとき、どうやって乗り切るか、それを述べたいと思います。

(1)練習場はひらめきの場所である
 程度の違いはあれ、調子が悪いなら練習場で打ってみることが大切です。けど、調子が悪いまま練習をすると、変なボールばっかり出ます。これはもう、どうしようもありません。いっそレッスンプロに見てもらおうかと、藁(わら)にもすがる気持ちになりますね。

 実は2年前、私は何を打ってもまったく当たらないスランプに陥りました。このときは、焦りながらも練習場でやみくもにボールを打ちました。そして、練習開始3日目で、ようやくあることに気づいたのです。

 俗に言う「ひらめき」ってやつですね。「ダウンスイングの軌道がアウトから入りすぎている」ことに気づき、これを矯正することに......。といっても、そんな簡単なことじゃなくて、そこからは話が長くなるのではしょりますが、半年かけてようやく、90台前半くらいのスコアが出せるようになりました。

 ここで言いたいことは、自分で工夫して練習をやっていると、突如"神が降りてきて啓示を与えてくれる"ことがある、と。

 私はその2年前のときは、3日練習してひとつ、使える啓示をいただきましたが、それはマシなほうです。だいたいの啓示は勘違いで終わることが多いですから。10個啓示をもらったら、使えるのはふたつぐらいですかね。

 言い方は悪いですが、「下手な固め打ち」というのがあって、自己流でも安定してスライスボールが出るなら、それはそれで十分ゴルフになると。そういうことで、練習はいろいろと考えながら打って"神の啓示"を待ちましょう。

(2)リハビリラウンドの大切さ
 不調でも声をかけられればゴルフをしなければいけない。これが、アマチュアゴルファーのつらいところです。

 調子が悪くてコンペに行きたくなくても、欠席すると「付き合いが悪いやつ」と思われる。だから、しぶしぶ参加して、また叩いて怒り心頭し、夜眠れなくなるのです。

 こういうときは、ぜひとも"リハビリラウンド"を取り入れましょう。

 コンペなどに参加したら、まず同伴メンバーに「最近スランプなので、今日はリハビリラウンドで臨みます。みなさんに迷惑をかけますが、よろしく」と言えばOK。ニギリもなしで、だいぶ楽なラウンドができます。

 使用クラブは、これは絶対安心というものを使います。私の場合、アイアンが苦手なので、スランプ時はウッドとユーティリティー多めで臨みます。

 ドライバーが曲がる方が多いですが、そういうときはどうせスプーンも当たりませんから、ティーショットでも19度ぐらいのユーティリティーで打ちましょう。ドライバーが打てないと、「ドラコンも参加できず、つまらない」という方もおるでしょうが、叩くともっとつまらないですよ。

 実際に、そうやってリハビリラウンドをしている人と、何回も一緒に回りました。私の周りでは、わりとポピュラーなやり方のようです。

 でも、何をどう打っても全然当たらない――こういう方は、1回休むのもいいでしょう。

(3)案外、別な方向で気晴らししてみる
 叩きすぎて困っている方は、ちょっとゴルフを休んでください。たぶん、ムキになったり、意地になったりして、体をカチンコチンに硬くさせて、体の可動域を狭めている可能性がありますから。

 昔の私もそうでした。あんまり体が動かないからマッサージに行ったら、「こんなに硬い体、見たことない。(体に)指が入らない」って言われました。そして、「病気してない?」って何度も聞かれました。この硬さで元気なのが不思議なんだそうです。

 とにかく、どうにもならないときは、一度マッサージやエステに行ってみたり、ストレッチしたりするのがいいかもしれませんね。

 そして、軽くジョギングなんかするのもいいでしょう。最近、家の近所を2kmほど軽く走っているのですが、体調がよくてぐっすり眠れるし、便通もいいし、体力もつくし、いいことずくめです。練習場に行くか、ジョギングに行くか、いつも悩むのですが、最近は断然ジョギングです。

 あまり練習してなくても、体幹みたいな部分がしっかりしていれば、叩かないのではないか。あくまで推測ですが、しばらくジョギングを続けて、ゴルフにどう影響を及ぼすか、試してみたいと思います。

(4)究極のリハビリラウンド
 リハビリラウンドでもプレッシャーがある。そういう方は、ショートコースや河川敷コースなどで、スコアをつけずに、お気楽ラウンドをしましょう。

 こういうの、大事ですよ。長いクラブが苦手なら、アプローチ勝負のショートコースに行くのもあり。ウッドを試したいなら、河川敷コースで思う存分、隣接する荒川や利根川まで打ち込んでください!って、そこまで飛べば大したものですが。

 というわけで、スランプは寝ていても治りません。誰でも一度は通る道です。

「ゴルフやめますか? スランプ治しますか?」

 そりゃ、スランプ治して前に進むしかありません。前進あるのみです。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa