28日、韓国メディアによると、自身に関するデマを流した人と勘違いし、50代女性の首を絞めて殺害しようとした40代の韓国人の男が警察に逮捕された。この報道に、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。資料写真。

写真拡大

2016年7月28日、韓国・ソウル新聞によると、自身に関するデマを流した人と勘違いし、50代の女性の首を絞めて殺害しようとした40代の韓国人の男が警察に逮捕された。

釜山北部警察署は28日、殺人未遂の疑いでオ(48)に対する逮捕状を請求したと明らかにした。

オは先月27日午後9時55分ごろ、釜山市北区亀浦洞の住宅に侵入し、世帯主のイさん(50)の首を絞めて殺害しようとした疑いが持たれている。

オは首を絞めている最中にイさんの顔を確認し、自分が殺そうとしていた女性ではないことに気付いた。オは「人違いでした。申し訳ありません」と言って外に出たが、犯行を目撃した隣人の通報を受けて駆けつけた警察に逮捕された。

オは「1年前に私に関するデマを流して妻と離婚させた女性を探し出して殺そうとしたが、全く関係ない人の家に侵入してしまった」と述べている。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「殺害する前に気付いてよかった」

「シチュエーション・コメディーだ(笑)」

「そんなことがあるの?デマを流した女性は神様に命を救われたね」

「どちらの女性も運がいい」

「それでも謝罪はしたんだね。気象庁はいくら間違えても謝罪すらしない」

「まずはデマを流して離婚させた女を処罰するべき」

「女性たちの軽い言動はいつも問題になる。実際に見たかのように確信を持って話をする…」

「男がもし刃物を振り回していたら大変なことになっていた。不幸中の幸い」(翻訳・編集/堂本)