日進月歩の勢いで自動運転に関する技術が開発され、そして世に出てきているのはご存知のとおり。先日も、日産自動車が自動運転技術「プロパイロット」を新型セレナに搭載することを発表して話題となりました。

国産メーカーはもちろん、アメリカのテスラをはじめとした海外メーカーも自動運転技術の開発を進めています。

ドイツのメルセデス・ベンツもそのひとつ。自動車を初めて世に送り出したブランドとして、自動運転の分野でも高い存在感を示しています。

なかでも、今回発表された「Future Bus」は“未来のバス”というように、自動運転によるバスなのです。

 

1

自動運転技術もその多くは個人が使う乗用車に搭載するイメージが強い中、公共交通機関のバスに搭載している点がユニーク。すでにオランダで約20kmの試験運行ルートを実際に走行しています。

10数台ものカメラとGPS、レーダーを用いた「CityPilot」を搭載し、アクセルとブレーキだけでなく操舵も可能。さらに信号やトンネルに加えて、道路上の障害物も認識が可能とのこと。不測の事態に備えて、ドライバーをはじめ、運転席やハンドルを用意しているものの、大部分でドライバーを必要としないようです。

動画を見るにはこちら

内外装の仕立てなど、まだ実験段階のためデザインにはコンセプト的な部分が残っていますが、動画ではスマートフォンを車内のデスクに置くだけで充電を開始するなど、現代の生活には欠かせない実用性を備えているのが伺えます。

 

一部の電車ではすでに実現している完全な無人自動運転は先でしょうが、自動運転バスの現実味は十分高まってきているようです。

(今 総一郎)

実現間近なメルセデス・ベンツの自動運転バス【動画】(http://clicccar.com/2016/07/29/388835/)