高品位な音とデザイン

写真拡大

ヤマハは、ブルーレイディスクプレーヤー「BD-A1060」を 2016年8月下旬に全国で発売する。

音質面では、1.2mm厚の鋼板製ベースプレートによるダブルボトム構造の制振・高剛性シャーシなどを採用。音響専用コンデンサやアナログとデジタルの電源部独立。CDおよびSA-CD再生の音質を向上させるCDモード導入など。

さらに、4KアップスケーリングやSA-CDマルチチャンネル音声出力に対応したHDMI端子、ハイレゾ再生に対応したネットワークオーディオ機能、手持ちの端末を使ったワイヤレス音楽再生やアプリ操作が楽しめる内蔵Wi-Fi、アナログ音声出力のバランス伝送を実現する XLR出力端子も搭載し、シアターおよびオーディオ愛好家のさまざまな要求に応える。

外観デザインは、ハイクラスAVレシーバー 「AVENTAGE」とマッチするアルミフロントパネルを採用し、チタン(H)とブラック(B)の2色のカラーを用意している。

本体価格(税抜)は7万5000円。