28日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本製品の爆買いは終了し、中国製品が台頭すると主張する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年7月28日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本製品の爆買いは終了し、中国製品が台頭すると主張する記事を掲載した。

記事は、最近日本メーカーによる偽造や安全性の問題などの不祥事が相次いでおり、中国人旅行客による日本製品の爆買いに「冷水がかけられた」と指摘。日本製品神話は崩壊し、未曽有の危機にひんしていると論じた。その上で、中国製品は技術と品質の向上によって前途洋々であり、今後は中国の店で爆買いし、世界中で中国製品が人気となるようにしようと呼び掛けた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「匠の精神とは中国人を形容する言葉」
「中国製品が台頭し、中国人がみんな豊かになるな」

「爆買いなんて日本や韓国で起きるべきことではなかったんだ」
「お金持ちの中国人はもう自分勝手はやめて中国のために貢献すべき」

「中国人は自信をもって強くなるべき。中国製を多く使うことでさらに良い製品を生み出すことができる!」
「どんなに日本のものが良いとしても俺にとっては何の価値もない。中国が世界一になるのは時間の問題だ」

「中国製品は決して悪くない。ただ中国の良い製品はみんな外国に売ってしまっているだけ」
「日本は一部の製品がダメになったというだけ」

「中国製品の台頭はよその国を悪く言うことにかかっているのか」
「中国製品なんて外側を作るだけで、核心技術は50年以上の差がある」(翻訳・編集/山中)