“自分で考えて行動する子”に育つ! 親子でできる「楽しい脳活」2選

写真拡大

脳活という言葉をご存知ですか?

子どもが“高学歴・高所得”になる、親の特徴が判明! あなたはどのタイプ?

元々、幼児教育の世界では「脳トレ」など、脳を鍛えることの有用性は以前から言われてきました。

最近、大人の世界でも脳のアンチエイジングとして、認知症を防いで脳を若返らせる活動の脳活が注目されているのです。

子ども時代から脳を鍛えることによって、将来自分で判断して行動する力を養うことができます。

勉強ができることだけが評価されていた時代から、世界で活躍できるような交渉力、臨機応変な対応力、物事を組み立てて創り出す力など、より、広域で実践的な能力を求められるようになっています。

そして、大人にも朗報です!

少し前は、ある一定の年齢になると脳は発達しないと言われていました。しかし、最近の研究では、何歳になっても脳に適切な刺激を与えれば、使われていなかった部分が活性化して発達することがわかってきているのです。

つまり、大人も子どもも、脳活することでたくさんのメリットを享受できるということ。そこで今回は、親子で楽しみながら取り組める脳活を2つご紹介します。

1:グーパーおはじきで脳活

効果

五感刺激 数認識力、計算力、瞬間判断力アップ 写真記憶、瞬間認識アップ

材料

おはじき 布

やり方

まずは、親がおはじきを数個握ります(手はグーの状態)。そして、「3・2・1」と、掛け声をかけた後、パッと手をパーにして握っていたおはじきを落とします。

3秒ほど見せたあと、おはじきの上から布をかぶせて、おはじきを隠してください。

子どもに「おはじき何個だった?」」と聞いて、子どもが答えたあとに、布をどかして一緒におはじきを数え、答え合わせをします。

おはじきの数は、年齢や子どもの解答率によって調整してください。子どもは当たること、当たったことを褒められることでやる気が出ます。

最初は、少ない数でチャレンジし、たくさん褒めてあげましょう。

何回やっても当たるようになってきたら、飽きないように徐々に数を増やしたり、見せる時間を短くしたりしてください。

大人の脳活では、子どもがおはじきを落とします。大人は数を増やして、一瞬見たらすぐに目をつぶって答えるようにすると、子どもと一緒に楽しみながら脳活できます。

2:ストーリー記憶で脳活

効果

視覚記憶 記憶力、イメージ力、創造力、想像力、発想力、連想力アップ 脳の柔軟性アップ

材料

絵カード

やり方

まずは、絵カードを用意します。これは動物や食べ物、家具や電気製品の写真、キャラクターなど、何でも結構です。

絵や写真は、パソコンから画像を印刷したもの、古い絵本を切り抜いたものなどのほか、チラシを切り抜いたものでOK。色々な絵や写真を画用紙などに貼ってカードにします。

カード作りから親子で行うと、子どもはそのカードに愛着を持ち、楽しさがさらに増すのでオススメです。

無作為に選んだ絵カードを左から順に3枚並べて、デタラメなお話をつくってください。

例えば、左から順に、イス・リンゴ・ネコの絵カードであれば、「イスの上に置いてあるリンゴがぱかっと半分に割れて、中からネコがにゃーと飛び出した」など、絵の順番で、あり得ないような話、奇想天外な話を思いつきでします。

最初は、一枚ずつカードを指さして子どもに話し、次にカードを裏返して、表向きにしながら話します。

それを何回か繰り返したら、3枚のカードを裏返して1枚ずつ、「これなーんだ?」と、カードの絵を聞いてください。

子どもはお話を思い出しながら、「イス!」「ネコ!」など、カードの絵柄を答えてくれるでしょう。

子どもの年齢が小さくて話せない場合などは、カードを絵の方を表向きにして、「最初に登場するのは?」「次は?」と聞いて、話しの順番通りにカードを指さしてもらうと良いでしょう。

これは、ストーリー記憶と言って、ただ漠然と覚えるよりも早く覚えられて、脳への定着率も高い記憶法です。

慣れてきたら枚数を増やしたり、子どもにもお話をつくってもらって親が当てたりするなど、親子で一緒に楽しみながら記憶力を鍛えることができます。


親子だけでなく、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に楽しんでもいいですね。ぜひ、楽しみながら「脳活」をして、子どもと一緒にぐんぐん脳力を伸ばしてください!