ペットホテルに預けられた犬のストレス

我が家には2人の娘(4歳、8ヶ月)と、そしてトイプードル(名前はリリー、5歳)の三姉妹がいます。
リリーは小さい頃から、ケージレスのお気に入りのペットホテルを利用しており、海外旅行に行くときには10泊預けたこともありますが、今まではトラブルなく預けることが出来ていました。
でも引越しをしたことで、そのお気に入りのペットホテルが遠くなり、ここ3年くらいはホテルを利用せずに、遠い帰省などにも車でリリーを連れて行くようにしていました。

久しぶりのペットホテル

そんなある日、家族で沖縄に行くことになり、以前利用していたケージレスのお気に入りのペットホテルに6泊預けることにしました。
久しぶりでしたが、ケージレスであることやスタッフが優しいことなどから、全く心配はしていませんでした。
旅行の朝、久しぶりにそのペットホテルに預けに行くと、リリーは3年ぶりにも関わらずスタッフのことを覚えていて、尻尾を振ってスタッフに飛びついていました。
私はその様子を見てすっかり安心し、リリーのことは心配せず旅行を楽しんでいました。

トラブル発生

旅行4日目の朝、ホテルから電話が入り、『血便、下痢と嘔吐で隣の病院で治療しています』とのこと。
家から持っていった餌もほとんど食べることが出来ず、点滴をしているということでした。
症状は少し落ち着き始めているということだったので、予定通りの飛行機で帰ることにして、帰国してその足でお迎えに行くと、いつも通りの元気そうなリリーを見て安堵しました。

ホテルで体調を崩すなんて初めて。どうしてだろう?

今回のことで、改めてリリーが体調を崩してしまった理由について考えてみたところ、思い当たる原因は以下の3つでした。

前回の利用が3年前だった。普段からストレスがあった。

(子育てが忙しくかまってあげられてなかったからか?)

ケージレスのため、他の犬との相性が悪った。ホテルに預けられる犬の気持ち

家ではないところに、突然置いていかれ、何日たっても迎えに来ない。捨てられたのか?このままずっとここにいるの?など、小さい頭でたくさん考えたのでしょう。
リリーの気持ちになったら、ストレスで何も食べれず、嘔吐に血便、当然ですよね。

預けるときに気をつけること

これからもペットホテルを使わざるを得ないことがあると思うので、ペットのストレスをなるべく少なく預ける方法を考えました。

久しぶり、もしくは初めてホテルを長期間利用するときは、前もって一泊だけなど、慣らしておく。緊急に備えて、やっぱり病院併設が安心。ホテルを利用する前は、たくさん遊んでストレスが少ない状態にしておく。自宅に来てもらえるシッターを検討する。一番大切なことは「必ず迎えに来るよ」と伝える。(飼い主の言葉は、絶対わかるはず。)

まとめ

ペットがホテルに預けられること、それは私たちが思う以上にストレスを感じることだと思います。
血便出るくらいですから。ペットが我慢してくれることで、私たちは楽しむことができるのです。
犬の気持ちに沿って準備して、ペットホテルに預けましょう!
リリー、気がつくのが遅くてごめんね。
そして、いつもありがとう!やっぱりお家が一番だよね。