生理と低用量ピル
生理不順や生理痛に苦しむ女性の強い味方として、使う人も増えている「低用量ピル」。生理痛がある場合は保険適用になります。低用量ピルが生理をコントロールするメカニズムや、上手な利用の仕方についてご紹介します。

低用量ピルの成分とはたらき

低用量ピルは黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)からできているホルモン剤の一種です。
ピルには低用量ピルのほか、卵胞ホルモンの配合量によって「超低用量」「中用量」「高用量」があります。以前は中用量ピルが主流でしたが、ホルモンの影響で吐き気がするといった人が多かったため、効果を保ちながらホルモンの量を減らした低用量ピルが生まれました。

低用量ピルには黄体ホルモンと卵胞ホルモンがバランスよく配合されているため、生理のトラブルが解消されるだけでなく、ホルモンバランスの崩れによって起きる子宮体がんや子宮内膜症、卵巣のう腫や卵巣がんといった病気の予防にも役立つといわれています。

生理をコントロールすることもできる

低用量ピルを飲み始めると、生理痛が軽くなり、出血量が減ります。また、生理の日を移動させることができるので、就職試験や旅行など、生理に当たりたくない大事なイベントに生理が当たらないようにコントロールすることが可能です。やり方は、ずらしたい生理の前の月の生理中までに婦人科を受診して低用量ピルを処方してもらい、生理が終わったらピルを飲み始め、生理をのばしたい日まで飲み続けます。
特に月経前症候群(PMS)のある人、生理痛が重い人、出血量が多い人などにとっては、ピルを飲むメリットは大きいと言えるでしょう。

保険が適用される場合とそうでない場合の違い

月経困難症の治療の場合に処方される低用量ピルには、保険が適用されます。月経困難症とは、生理痛が強い場合と、生理前10日間〜生理開始3日めまでの体調不良やイライラ、落ち込みが強い月経前症候群(PMS)や月経前不快気分障害(PMDD)が含まれます。
月経困難症がなく、生理日をずらしたい場合や避妊目的のために処方される低用量ピルには保険は適用されません。

低用量ピルと副作用

生理痛がひどいけれど、ピルは副作用が怖いから使いたくないという人もいます。低用量ピルには確かに副作用はありますが、気持ちの悪さや吐き気、胸の張り、だるさ、むくみ、不正出血などで、飲み始めて1〜3ヶ月たってホルモン状態が安定すれば解消します。そのほか、ピルを飲むと太る、妊娠しにくくなる、乳がんになりやすくなると思っている人もいますが、そうした副作用はありません。

注意しなければならないのは血栓症のリスクです。血管に血のかたまりができ、それが血流にのって肺や心臓、脳などにとび、肺塞栓や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こすのが血栓症です。ピルを服用すると血栓症のリスクが約4倍高くなることがわかっています。ピル服用中に、ふくらはぎや腕などが片方だけパンパンに腫れたり、痛みがある場合は、病院を受診しましょう。
■さらにくわしく!以下も参考に■低用量ピルに匹敵する確実な避妊方法は?
妊娠を望まないなら、低用量ピルまたはIUSで確実な避妊を
不確実な避妊法に頼っている人も多い
女性にとって妊娠出産は大きな出来事です。望まない妊娠によって、自分の夢やライフプランの実現が難しくなることもあるでしょう。
やっと就職が決まったのに、新しいプロジェクトを立ち上げたのに、あるいは子育て卒業と思ったのに、望まない妊娠をして中絶に至った・・・、そんな例も少なくありません。

実際日本では年間100万人の赤ちゃんが生まれている一方で、20万件の中絶が行われています。中絶の絶対数は20〜30歳代の女性が多いのですが、中絶の割合で見ると若者だけではなく、40〜50歳代も中絶率が高くなっています。コンドームが破れた結果の中絶が多く、不確実な避妊法に頼っているのが現状です。