二子玉川がマゼンダ色に染まる ″都市実験″のアートフェスが開幕

写真拡大

 二子玉川駅周辺のエリアを舞台にしたアートフェスティバル「トウキョウアートフロウゼロゼロ(TOKYO ART FLOW 00)」が、7月29日にスタートした。玉川高島屋S・Cをはじめとする近辺のビルをテーマカラーであるマゼンダにライトアップするなど、街全体を巻き込む作品が多数出現。31日までの3日間限定で開催する。 "都市実験"のアートフェスが開幕の画像を拡大

 アーティスト高橋匡太が街全体をマゼンダ色に染める「マゼンダナイト」は、玉川高島屋S・Cやドッグウッドプラザ、二子玉川公園などで実施。鐘を鳴らすとライトアップされる作品「この鐘を鳴らすのはあなた」を駅前に設置し、通行人が気軽に参加できるように仕上げた。YANAGIYAのビルでは、詩人の集まり「オブラート(oblaat)」とコラボレーションし、連詩を1文字ずつ大きく表示する「おそいおそい詩」を公開している。 兵庫島公園では、街頭の光がモールス信号のリズムで明滅することで詩を語りかける高橋匡太と谷川俊太郎による作品「つぶやく街灯」のほか、サポーズデザインオフィス(SUPPOSE DESIGN OFFICE)が大きな透明のドーム「Air stone」を発表。「建築物を制作する際は『中と外の間にある領域』を心がけている。今回のアート作品では"外にいるけれど中にいるような感覚"の究極を目指した」(谷尻誠・吉田愛)といい、エアコンも完備し"透明のホテル"のような作品を制作した。「トウキョウアートフロウゼロゼロ」にはこのほか、目[me]や紫牟田伸子、落合陽一、宇川直宏、坂本美雨 with CANTUSらに加え、トランジットジェネラルオフィス中村貞裕代表やスマイルズ遠山正道代表ら起業家も参加し、作品展示やキャンプファイヤートーク、映画上映などの企画を通じて、二子玉川初のアートフェスティバルを盛り上げる。アートプロデューサーを務めたスパイラル/ワコールアートセンターのシニアプランナー松田朋春は、同イベントを東京の空間を使いこなすための「都市実験」と位置付け、「様々なハードルがあったが、住民の協力を得られたからこそ開催が実現した。空間にあった作品とともに二子玉川の環境を楽しんで欲しい」と呼びかけている。■トウキョウアートフロウゼロゼロ(TOKYO ART FLOW 00)開催日時:2016年7月29日(⾦)12:00〜23:00        7⽉30日(土)10:00〜23:00        7⽉31日(日)10:00〜20:00     ※一部作品は終夜展示 / 雨天時、一部縮小実施会場:二子玉川駅周辺(多摩川河川敷、玉川高島屋S・C、二子玉川ライズなど)公式サイト