中国で反日感情を持つ人が一部存在するのは事実だ。だが、中国メディアの東方頭条はこのほど、中国人は日本に対する歴史的な恨みを抱き続けるべきだろうかと疑問を投げかける記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国で反日感情を持つ人が一部存在するのは事実だ。だが、中国メディアの東方頭条はこのほど、中国人は日本に対する歴史的な恨みを抱き続けるべきだろうかと疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事はまず冒頭の問いかけに対し、「中国人は日本に対する恨みを抱き続けるべきではない」と主張したうえで、日本と中国はともに前進することこそ正しい道であると主張。恨みしか見えない目では進歩を遂げることはできないとしたうえで、「中国人は日本に対する恨みを抱き続けるべきではない」と主張する理由を挙げた。

 1つ目の理由として、日本の科学技術力、経済力、防衛力のいずれも世界トップの水準にあることを挙げ、「中国にない技術が日本にはあること」を挙げた。日本と中国が協力しあうことによって得られる利益は、双方が敵対することによって得られる利益を大きく上回るのは明白であるとした。

 2つ目の理由は、すでに日中経済の結びつきが強まっていることを挙げ、中国人も日本人も互いの国の製品なしでは生活できないと主張。また3つ目の理由として、中国で日本文化が広く受け入れられ、特にアニメや漫画、日本食といった文化が中国で広まる一方で、日本も中国文化の影響を受けてきた国であると指摘。日中はともに学びあい、ともに前進すべきであると論じている。

 記事の主張はあくまでも一部の中国人の意見であって、中国人全体を代表する意見ではない。だが、親日的な姿勢を見せるだけで売国奴扱いされかねない中国において、このような言論が存在することは喜ばしいことだ。近年は日本を知ろうとする「知日」という動きが中国で見られるが、日本に対する考え方が中国で変化しつつあることを示しているのかも知れない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)