これでイライラしない! 自ら考えて動ける子になる、話題の“こども手帳術”がスゴい

写真拡大

わが子の行動に、本気でイライラした経験ありませんか?

子どもにイライラした時“感情的に怒らない”方法

「早く着替えなさい!」

「デレビばっかりみてないで!」

「宿題はやったの?」

「忘れ物はない?」

時間がない時にかぎって、全然思い通りに行動してくれない子ども。

悪気はないものの、無邪気すぎる身勝手な行動に思わず本気で怒ってしまった経験のある親は多いはず。そして、そんなふうにガミガミ言ってしまう自分にも嫌気がさしてしまう……。

何度も「これぞ悪循環」と落ち込んでしまった経験も多いのでは。一体なぜ、子どもは言うことを聞いてくれないのでしょうか。

今回は、この理由と子どもが自ら考えて行動できるようになる方法をお伝えしたいと思います。

子どもが大人の言うことを聞かない理由

子どもが思い通りに行動してくれないのは、そもそも大人と子どもでは「時間」の使い方や感覚が違うからです。

大人は“計画的”に時間を使って毎日を生きています。

例えば、毎日○時に起き、○時に朝食、○時に出勤して○時には退社、○時には寝よう……。

大体こんな風に、いつも時間を意識して1日24時間を過ごしていますよね。

その一方で、子どもは“目の前のことが一番”な生き物。年齢が小さければ小さいほど、その日暮らし、ならぬ“その場暮らし”なのです。

これを子どもの3大特性と考えていくと、日々イライラしてしまう子どもの行動パターンの原因が見えてきます。

(1)時間の感覚がない

(2)やることが見えていない

(3)目先のことに夢中になる


例えば、忙しい朝のシーンに当てはめると、こうなります。


(1)時間の感覚がないから「あと5分で出発するよ!」と言われてもどれくらいの長さなのかわからない。

(2)次に何をやればいいかわからないから、いつまでもぼーっとしていたり、のんびりごはんを食べている。

(3)やらなくちゃいけない準備よりも、自分の好きなテレビや本、おもちゃに夢中になっている。


こうやって見てみると、子どもの行動に「なるほど」と納得できるのではないでしょうか。

時間の使い方を「見える化」すればOK

先を見通せる大人vs.その瞬間を生きる子ども。

この極端な特性の違いをもつ、両者がぶつかり合う……。これが、日々の親子間で生まれる悪循環の原因。

ならば、目の前のことしか見えていない子どもに、理解できていない時間の使い方や今やるべきことを「見える化」してあげればいいのです!

ここで登場するのが、今話題のこども手帳術。

子どもの生活を可視化することで、悪循環が解消されるだけでなく、親子のコミュニケーションが増える。

それにより、子どもに対しても優しく穏やかに接することができるようになる、といった魔法のような手帳の使い方なのです。

こども手帳の簡単な「作り方&使い方」

とはいえ、こども手帳術の手帳がどんなにすごい手帳なのか、そしてどこで売っているのかわからないですよね。

こども手帳は親子で作る、世界にひとつだけの手帳です。わざわざ買わなくても、次の3つの役割を果たす手帳を作ればOK。

(1)見える化… 子どもは目に見えないとわからないから、何でも文字にして書く

(2)細分化… 子どもがわかるように、丁寧に細かくする

(3)一元化… 子どもにとって大切なもの、必要なもの、好きなものを何でも手帳にはさむor貼る

では、年齢別に手帳の例をご紹介! なんと3歳から使えるのです。

[3歳から楽しく始められる〜朝のしたく編〜]

3〜6歳頃は生活習慣を身につける時期。自分でできるようになってほしいことを楽しくできるようになるよう、付箋で「見える化」。

できたら違うページに付箋をペッタンすることで「できた!」という達成感を体感できます。

[小学校高学年におすすめ〜デイリースケジュール〜]

限られた時間の中で、何をいつやるのか計画が必要になってくる時期。

例えば、30分間隔で時間を均等に見て、優先順位をつけて行動。自分で立てたスケジュールを実践することで、計画性のある行動力が自然と身に付きますね。

……これで、なんとなくイメージができてきましたか?

ここまでの説明はほんの触り。実践してみたいと思った方は『あれこれ言わなくても大丈夫! 自分で考える子になる「こども手帳術」』(日本実業出版社)を参考に、わが子の年齢、性格、好みに合う、オリジナル手帳を作ってみましょう。

手帳のある子育てを実践すると、想像以上にスムーズなコミュニケーションで、イライラが激減したという事例がたくさんあります。

親はこれまで毎日ガミガミ言っていたのが「手帳を見てね」の一言でよくなり、子どもは「言われなくても自分でできた!」という自信が持て、それが自主性や自立心につながる……。

それを無意識に子どもが体験できちゃうのが、こども手帳術のすごさ。親子でハッピーになれるので、騙されたと思ってぜひ活用してみては?