クリーヴランドのトランプ・ファミリー劇場:連載「ザ・大統領戦」(11)

写真拡大

誰がドナルド・トランプを支持し、誰がそのチームからこぼれ落ちたのか、いよいよはっきりした。ピーター・ティールの登壇が予告されたことでも注目された共和党全国大会。テック界の巨人はなぜその場に立ち、何を語ったのか。

「クリーヴランドのトランプ・ファミリー劇場:連載「ザ・大統領戦」(11)」の写真・リンク付きの記事はこちら

トランプ劇場の開幕

去る7月18日からオハイオ州クリーヴランドで開催された共和党全国大会(RNC:Republican National Convention)は、予定通り4日間の日程を終え、最後はドナルド・トランプによる候補者受諾演説で幕を閉じた。予定時間を大幅に越え75分あまり続いたスピーチは、過去40年間で最長であった。

このスピーチの長さが象徴しているように、今回のRNCはトランプの独壇場だった。ブッシュ家やミット・ロムニーなど反トランプのエスタブリッシュメントの多くが欠席したことをいいことに、ほとんど「トランプ劇場」といってもよいほどやりたい放題だった。

アーティスト本人が勝手に使うなと再三再四警告しているにもかかわらず、相変わらずクィーンの“We are the Champion!”が流れるなか、従来の共和党の慣例を破って初日から指名予定者であるトランプ自身が登壇し、スピーカーである妻のメラニア・トランプを紹介するホスト役を務めていた。その夫人のスピーチがまた、2008年のミシェル・オバマのスピーチとそっくりのフレーズを使っていたため、剽窃(plagiarize)の疑いから即座にジャーナリズムが食いつき、その夜のコメディショーでは早速ネタとして使われる始末だ。最終日には娘のイヴァンカ・トランプもスピーチを行い、こちらはそのファションが注目を集めていた。いいようにメディアは踊らされ、トランプからすればお得意のフリーメディアの広報機会をしっかり確保していた。トランプ・ファミリーが話題をさらった4日間だった。

もちろん、共和党の重鎮の多くが持ち上げてくれないのだから、全力で自薦するしかないのだが、その結果「俺ならできる、いや俺しかできない、ほかでもない俺が言うんだ、信じてくれ」というトーンが終始漂っていた。“Believe me!(信じてくれ)”というフレーズが幾度となく繰り返され、ディールメイカーというよりもセールスマンなのでは?と思わせられるほどの、売り込みぶりだった。

そのセールスマンぶりに感化されたのか、登壇したルドルフ・ジュリアーニ(元ニューヨーク市長)、ニュート・ギングリッチ(元連邦下院議長)、クリス・クリスティ(ニュージャージー州知事)らも、彼の売り込みに必死になっていた。すでに多くの反トランプ派が欠席しているため、それでも参加した人びとは、党の結束を図るために“Unite!”と叫ぶしかなく、その分従来のRNCよりも「熱狂的」であるようにすらみえた。そこからトランプを選んだ人びとも実は、2004年の民主党大会でオバマの演説が巻き起こした高揚感に浸りたかっただけなのではないかと勘ぐりたくなる。そんな見えない飢餓感を埋めたのがトランプであった。

aflo_OWDG460240

ドナルド家の長女、イヴァンカ。ヒラリー・クリントンの長女チェルシーとは親友同士であった。PHOTO: REUTERS / AFLO

ともあれ、こうしてトランプ劇場として大会の4日間が終わり、開催直前に発表されたランニングメイト(=副大統領候補)である、マイク・ペンス(インディアナ州知事)とともに、トランプは11月の本選に向けて本格的に稼働を始めた。大会直後の支持率調査では、ヒラリー・クリントンとの差を巻き返し、トランプ劇場におけるショーマンシップが有効であったことを証明した。

挑発するピーター・ティール

そんなトランプ劇場のなかで、異彩を放ったスピーカーが二人いた。その一人が、前回紹介したピーター・ティールだ。若いころから共和党支持者であったとはいえ、ゲイでリバタリアンのティールは、RNCの会場に集まる共和党員からすれば、トランプ同様、異質なアウトサイダーであった。そのため、RNCの参加者からは好奇の目で迎えられていた。

一方、これまでのティールの言動を知る者からすれば、彼がトランプを支持することは納得しにくいことだった。リバタリアンとして、自由貿易に代表される経済的自由を尊ぶ小さな政府の信奉者であるティールが、どうしてメキシコ国境に壁をつくり保護貿易を行い、公共インフラ投資への財政出動を辞さない、その意味では大きな政府を実現しようとするドナルド・トランプを支持するのか。その謎に対して、ティール自身が何らかの回答を与えてくれるのではないか。そして、もしかしたら多くの人間が見過ごしている何かを、ティールは指し示してくれるのではないか。こうした点から、彼のRNCスピーチには、ハイテク関係者からの注目も集まっていた。

そんな彼への期待が渦巻くなか、大会最終日の7月21日、ティールはRNCのステージに上った。5分あまりと短いものの、その分簡潔にシリコンヴァレーのゲイの投資家が、なぜトランプを支持するのか、熱く語った。

冒頭でいきなり強調されたのは、自分もトランプもともに「政治家ではない」が、しかしゼロからビジネスを始める「ビルダー(builder)」であるということだった。そして、いまこそアメリカを「再建設(rebuild)する」時であると訴え、自らの愛国心も強調してみせた。アメリカの再建設のためには、ともかく死に体の経済、そして壊れた連邦政府を建て直さないことにはどうにもならないと告げ、その難題に取り組むリーダーは、ビルダーであるトランプにおいて他にないと力説した。

壇上のピーター・ティール。

ティールの頭の中には、アポロ計画に取り組んでいた頃の60年代のアメリカがあり、当時はアメリカの都市は皆、今日のシリコンヴァレーのようなハイテクシティであって、それはRNC開催地であるクリーヴランドも変わらなかった。だが政府の役人があまりに蒙昧であるため、いつの間にか政府内のテクノロジーの活用は見るも無残なものへと変わった。彼によれば、いまだにフロッピーディスクを用いる核施設まであるという。このような惨憺たる状況は、何がなんでも変えなければならない。

そのために不可欠なのが、ティールの得意とする「ビッグ・シンキング」だ。ティールといえば、「空飛ぶ自動車が欲しかったのに、手にしたのは140文字だった」という辛辣な言葉で知られる。Twitterを俎上に載せることでソーシャル以後の起業のスケールが著しく小さくなったことを嘆いたこの表現と全く同じように、連邦政府の無能さを叩くためにティールが述べたのが、火星に行かずに中東で必要のない戦争を繰り返しているという非難であった。

どうやらティールがトランプに見出す共通点とは、「ビルダー」として、なんであれ既存のやり方に異を唱え、真っ当なやり方でつくり直そうとするだけの気概をもっているところにあるようだ。二人の共通点は、そうした「異を唱えた上で代替案を実行する意志」、すなわち「コントラリアン」のところにある。そう捉えればリバタリアンのティールが、保守というよりもむしろリベラルであるトランプを支持することもなんとか理解できるのではないか。既存の政治家や政府を端から当てにしない彼らの姿勢は、ポピュリズムそのものでもある。となると、予備選での勝利の確定後、共和党の要人とのやり取りから少しぼやけてきたトランプの本質/原点を改めて口にしたのがティールであったことになる。

めくらましでしかない文化戦争

実際、ティールの非難は、政府がかまける「文化戦争の愚かしさ」にまで至る。

彼は続ける。かつては偉大な議論(grand debate)といえば、どうやってソ連を打ち負かすのか、という国家の帰趨を巡るデカイことについてであった。ところがいまは、どうやってトイレを使うのか、という極めて矮小なものになりさがっている。そんな瑣末なことに囚われるのは単に無意味だけでなく公的議論にとっては有害で、なぜなら、その結果、もっと重要な課題から目をそらせてしまうからだ。

ちなみにこのトイレ利用論争とは、南部ノースカロライナの州議会で検討された、トランスジェンダーの人は出生時の性別に沿ったトイレを使わなければならないとする法を巡る論争のことだ。この法が連邦のレベルで違憲か合憲かを問う争いで、年初から激しい議論が全米で繰り広げられてきた。

だがティールからすれば、このような文化戦争にかまけるのはまったくナンセンスで、もっとデカイこと、アメリカをどう建てなおすのか、という課題にこそ、人びとの時間とエネルギーを費やすべきだ、ということになる。

aflo_LKGG987137

大会の会場となったクイックン・ローンズ・アリーナの収容人数は約2万人。バスケットボールNBAのクリーヴランド・キャバリアーズの本拠地でもある。PHOTO: AP / AFLO

とはいえ、それで本当にいいのかという疑問も生じる。というのも、ティール自身ゲイであり、普通に考えればLGBTの権利問題は、彼にとっては些事などではなく一大事であるように思えるからだ。裏返すと、彼はそれほどまでにリバタリアンであるということなのだろう。基本的に個人の自由を最大限に(原則的には無制限に)尊重するリバタリアンの立場からすれば、誰がどのトイレを使おうがそれはあくまでも個人の自由であって、そもそもそんなことに政府が立法行為を通じて介入することこそが無意味なことである。確かに個人にとっては大事なことだが、それはあくまでも個人の間で解決すればよいことにすぎない。法の内容が違憲か合憲かということ以前に、そんな立法を行うこと自体、ティールにとってはナンセンスなのだ。

このあたりには、学部の専攻が哲学で、そのままロースクールに進学しJD(法学博士)を取得したガチガチの文系エリートらしい原理主義者ぶりを発揮している。共和党を支持するのも、民主党と共和党を比べてどちらが政府の介入をより認めるのかといえば、それは民主党である、だから対立する共和党を支持する、というのが彼のロジックなのだろう。

実際、ティールは学生時代から共和党支持者であり──このあたりの詳細は拙著『〈未来〉のつくり方』を参照してほしい──、学部時代に『Stanford Review』という保守系批評誌を創刊し、その編集活動を通じて知り合った保守系人脈のなかには、のちにティールが設立したヘッジファンドへの出資者となった人もいた。つまり、学生時代以来ずっと、共和党支持者を続けているわけだ。そして、ソ連の打倒という反共主義を明言できてしまうあたりから、80年代にレーガンが主張した「強いアメリカ」を支持した一人であったことがわかる。

ニクソンを師と仰ぐトランプ

そんなティールに比べれば、トランプはレーガンというよりもニクソン派である。とりわけ今回のRNCをきっかけにして、意識的にニクソンの側へ大きく舵を切ったように見える。

トランプは、大会初日のテーマが“Make America Safe Again”であったこともあり、68年の大統領選で“Law & Order(法と秩序)”を訴えたリチャード・ニクソンに自らを重ねるようなスピーチを行った。だが、トランプとニクソンの類似はそれだけに留まらない。ニクソンは、共和党から選出されたにもかかわらず、実行した政策はリベラルであったと評価される大統領だからだ。

たとえば、環境問題が激しくなった時代背景から、ニクソンは環境保護局 (EPA) を70年に設置しているが、環境保護規制は当然、企業活動にも制約を及ぼす。親・企業(pro-business)の共和党からすれば当然党内の反発があったはずだが、それでも設立にこぎつけたのは、ニクソンが、自分に投票した有権者の信任を損なわないことを優先したためであった。

一つ補足しておくと、ニクソンはアメリカ政治の転換点を体現した人物で、彼のとった「南部戦略(Southern Strategy)」によって、共和党と民主党はそれまでの支持基盤を入れ替えてしまい、それは今日まで続いている。68年のニクソンを境にして、それまで民主党の票田だった南部を共和党が奪い取り、逆に、民主党は北部に支持基盤を移し、いまでいう“Red States(赤い州=共和党支持州)”と“Blue States(青い州=民主党支持州)”を生み出した。

aflo_OWDG454664

大会会場の外では警官隊や爆発物処理チームが配備され、厳戒態勢がとられた。会期中には反トランプに声を上げるデモなども起きている。PHOTO: REUTERS / AFLO

この南部戦略を実行する際にニクソン陣営が用意した言葉が「サイレント・マジョリティ」だった。これは、左右ともに政治的に高揚した60年代のなかで、そのような政治的にアクティヴな人たちを尻目に黙々と無言で生活していた普通の人びとの意向こそを汲み取るべきだという姿勢──同時に彼らこそが多数派であることの宣言──であり、その時にニクソンが使った言葉が、今回トランプが引用した“Law & Order”だった。

つまり、党派を越えて、あるいは政治信条の有無や程度によらず、普通の人びとにとっては、暴力にまで高じる過激な政治的活動こそが忌避の対象であり、安寧な日常を回復することこそが普通の人びと=サイレント・マジョリティの願いであるとニクソンは捉えていた。大統領当選後もその姿勢を維持し、企業よりも人びとを優先する施策を取った。ニクソンが、ポピュリストと呼ばれる所以だ。

そして、このニクソンと同じ道を歩もうとしているのがトランプだ。白人ブルーワーカーたちを、今回の「サイレント・マジョリティ」の中核に定め、彼らを経済的困窮から救済することを最大の売りにしている。

そのために、従来共和党が墨守してきた経済的自由の発現である自由貿易を取り下げ保護貿易へと退く。同時に、賃金の上昇どころか下降を招く不法移民の流入を取り締まり、そのために国境に長大な壁を建設する。壁の設置は一大公共事業になるため(ケインジアン的な意味でも)雇用を生み出す。こうして白人ブルーカラーの生活に安定をもたらそうとする。「生存条件の確保」という、政治信条を越えた生活基盤の整備に集中することで、あわよくば従来は民主党の票田であった五大湖周辺の産業州(Industrial States)を奪取しようとする。11月の本選でトランプが狙うのは、ニクソンの南部戦略にならえば「北部戦略」とでもいうべき支持基盤の再度の逆転である。

いま「あわよくば」と書いたが、しかしトランプ陣営としては至って真剣で、それは副大統領候補にラストベルトの一つであるインディアナ州からマイク・ペンス州知事を起用したところにも表れている。従来の支持基盤に亀裂を入れ、抜本的に支持層の組み換えを図ることで政治的地平を変えてしまう、すなわちゲーム盤を作り変えてしまうのが、アウトサイダーたるポピュリストの常套手段だ。ニクソンが試したその手法をトランプは再演しようとする。

このようにトランプの姿勢は、今回のRNCを通じてニクソンに準じたものへと旋回した。対してティールの理想はレーガンである。そのような齟齬があっても、いまの壊れた連邦政府を「リビルド」できるのはアウトサイダーの俺たちだけだ、というのが、ティールとトランプが共有する発想なのだろう。その意味で、ティールはトランプに賭けている。

クルーズが打った大博打

ところでこのようにトランプ同様、政府も共和党も壊して再生すればよいと考えるティールと対照的な言動を行い、あえて悪目立ちしてみせたのが、前日(7月20日)に登壇し、結局、トランプの支持を表明せずにブーイングの嵐にあったテッド・クルーズだ。RNC中に異彩を放ったもう一人のスピーカーである。

予備選の最中に、妻や実父の中傷をされたことを忘れなかったクルーズは、RNC会場に集まった人びとに対して「良心に従って投票してほしい」と訴えて去っていった。ブーイングをものともせずに、党の分裂を助長したこのクルーズの蛮勇は、2020年の大統領選に再出馬するつもりの彼にとっては一種の博打だった。なにしろ、共和党のエスタブリッシュメントがその政治信条からRNCを欠席し、いわばトランプという神輿の担ぎ手だけが集まったRNCのどまんなかで、そんな爆弾を放ったからだ。

aflo_OWDG459453

大会に際して行われた朝食会でのテッド・クルーズ。PHOTO: REUTERS / AFLO

ティールはスピーチのなかで「(トイレ利用論争のような)文化戦争の些事」にかまけているのはナンセンスだ、と主張したわけだが、まさに、その「文化戦争」にかまけている人びとこそが、クルーズの中核的な支持母体のひとつだった。宗教右派(Religious Right)と呼ばれる南部プロテスタントの一団だ。進化論、中絶、同性婚などについて、宗教的信条から反論を繰り返してきた彼らは、文化戦争の火付け役だった。そのような議論を「知ったことか!(Who cares!)」と一蹴したのがティールであり、その彼が支持するのがトランプなわけである。

それでも宗教右派がトランプの下に集まるのは、トランプが勝たねば、保守派のスカリア判事の急逝により現在一つ空席ができている連邦最高裁判事を、ヒラリーが指名するリベラル寄りの人物で占められる可能性が高いからだ。そうなれば最高裁判事は終身職であるため、今後長きに亘って司法の場では、リベラル寄りの判決が続くことになる。そのような悪夢を避けるためには、大統領だけでなく上院の多数派も死守しなければならない、だからトランプを支持しないわけにはいかない。そうして、いつの間にか宗教右派はトランプ陣営に首根っこを抑えられてしまった。

となると、そもそもティールがRNCでスピーチをしたこと自体、トランプが予備選を勝ち抜いたことの一番の証左であった。実際、スピーチ後の報道で彼は、宗教右派の人びとも列席するコンヴェンションホールで、ゲイであることを初めて主張した共和党員であると紹介されていた。それくらい従来ならばありえない取り合わせだった。シリコンヴァレーのテックタイタンでしかもゲイの人物が、自分はすべての共和党綱領に賛成するわけではない──むしろあからさまに非難していた──が、しかし年来の共和党支持者でありアメリカを愛する者だと主張し、クルーズのいう共和党の良心に一撃を与えたのだから。

ティールとクルーズ。異彩を放ったスピーカー二人は、トランプを挟んでまさに対照的だった。もちろん、このコントラストはトランプが仕込んだものではないだろう。だが、そんな好都合なコントラストが自然に発生してしまうくらい大統領選を劇場化させているのが、ポピュリストたるトランプの怖いところだ。そのトランプに対して、ヒラリー率いる民主党は、翌週のフィラデルフィアで一体どんな巻き返しを図ってくるのだろうか。