28日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、梅沢富美男が、相模原市で障害者19人が亡くなった事件の容疑者の男に激怒する場面があった。

番組の「今夜は寝れ9!!」コーナーでは、神奈川県相模原市の施設で障害者19名を刺殺し、26人を負傷させたとされる容疑者の人となりを報じた「週刊文春」の記事を取り上げた。容疑者の男について、知人は「大卒後に刺青を入れ、ヒップホップなどに興味を持つ」「地元のクラブに頻繁に出入りし、脱法ハーブを吸っていた」と証言しているそうだ。

意見を求められた梅沢は、芸能人生が長いから言っていいことと悪いことの分別は付いていると前置きした上で、怒りの表情で「さっさと死刑にしてくれよ! 頼むから!」「コイツが1日でも、1分でも、1時間でも長生きしてることは、遺族としては耐えられねぇよ!」とカメラ目線で言い放った。

梅沢は続けて、犯行時の容疑者に責任能力があったかが議論になっていることに触れ、容赦ない口調で「人を殺す能力があるのかないのかなんてくだらねぇ裁判しねえでもらいてぇな! こんだけ殺す能力があるんだよ、コイツには!」とべらんめえ口調でまくしたてた。

出演者たちが静まり返る中、梅沢はなおも「腹が立つ! まったく!」「人の命なんだと思ってるんだ! バカ野郎!」と吐き捨てていた。

【関連記事】
室井佑月氏 障害者殺傷事件で容疑者家族の責任を追及「見張ってたら」
宮根誠司氏 刺殺容疑者の刺青に「教師になれないの当たり前」
宮根誠司氏が障害者殺傷事件の植松聖容疑者に怒り「的外れもいいとこ」