trend_20160726173008.jpg

写真拡大

ミニチュアから知育玩具まで様々なジャンルのカプセルトイを販売するアイピーフォー(東京都豊島区)が、「とれぴち!実寸【魚介図鑑】」を発売した。魚介類のイラストを印刷したビニールを空気で膨らませるタイプのシンプルなトイだ。

キーボードを覆う巨大なズワイガニ

一番の特徴は、カプセルトイなのにやたらデカいという点。ラインナップはイワシ、金目鯛、真鯛、イシダイ、ズワイガニ、スルメイカの5種類で、「実寸」とある通り空気を入れると実物と同じサイズに膨らむ。シリーズ最大のスルメイカに至っては長さ50cmにもなるという。一つ買って出てきたズワイガニはパソコンのキーボードを覆う大きさだった。

そしてストラップにするための穴がついている。POPには「腰につけてもオシャレ!」とあるが、うーん、オシャレ...なのか?カワイイキャラクターモノならともかく、題材は磯の香りが漂ってきそうなほどリアルな魚介類。街中で腰から魚介類をぶら下げている人を見たら、間違いなくギョッとするはずだ。

アイピーフォーによると、特に自然と触れ合う機会が減っているといわれる子供〜若年層に、調理された状態ではなく生きた魚介類の姿やスケールを感じてもらいたいという狙いで作ったそうだ。「ちょっとマニアック過ぎない?」とも思ってしまうが、販売開始から7〜9万個も売れているヒット商品だという。この夏、腰から魚介をぶら下げる人が増えるだろうか。1回200円。