女性の「生理」について語ることとイノヴェイションとの乖離

写真拡大

「生理」をイノヴェイトしようとしているスタートアップたちがいる。彼女たちは製品で、広告で、そして医学の力を借りて、従来までは「隠すべきもの」と考えられがちだった生理に対するイメージを覆そうとしている。

「女性の「生理」について語ることとイノヴェイションとの乖離」の写真・リンク付きの記事はこちら

4月上旬、米インディアナ州では女性たちが同州の中絶法案に対する態度への抗議をすべく州知事に生理について電話をしたかと思えば、『TechCrunch』は生理中のセックスに最適化された月経カップをつくるFlex社をゴリ押しし、ネット中で話題になった。『ニューヨーク・タイムズ』はタンポンを使った経血検査会社NextGen Janeを長文で紹介した。

「『ニューヨーク・タイムズ』の記事に『湿ったタンポン』なんて言葉が載るなんて思いもしませんでした」と、NextGen Jane共同創業者のリディ・タリヤルは言う(それまで『ニューヨーク・タイムズ』にも、『WIRED』にもそのフレーズが掲載されたことはない)。

生理の悩みを交換することが「女同士の絆」を意味するようになって久しい。だが、いまではこうした話題が社会的な関心を得るまでになったようだ。

男性上位の社会で、生理を公に語るということ

生理について語るのは、えてして炎上を招くものだ。ニューヨーク州都市交通局(MTA)が、生理用ナプキンが不要になるThinx社製生理ショーツの広告を出ししぶったとき、同社CEOのミキ・アグラワルは「MTAと『生理』という言葉の使用についてのスキャンダル」という件名でジャーナリスト2人にメールを送り付けた。彼らは飛びつき、Thinxの広告はネットで話題になった。

thinx

MTAと「もめた」Thinx社の広告。IMAGE COURTESY OF THINX

その背景にあるのは、「世界一進歩的な都市ニューヨークの、男性上位的な矛盾」だと、アグラワルは言う。

想像するに、例えば投資の世界も男性上位的で、生理を体験する人はごく稀だろう(『フォーチュン』誌の分析では、ヴェンチャーキャピタルのシニアパートナーのうち、女性はわずか4.2パーセントしかいない)。アグラワルはある男性投資家の友人に、生理用ナプキンを着用させようとしたことがあるという。

「『座って、立って、それからどう感じたかを教えてください』とわたしは頼みました。彼は『こんなこと馬鹿げている』といった反応でしたね」と彼女は振り返る。しかし、結局その投資家はThinxへの投資を決めた。

女性向けのビジネスを男性投資家に売り込むためには、創業者にも賢い振る舞いが求められる。生理トラッキングアプリを開発しているGlow社は、(会社を売り込むときに)最初は「自己定量化サーヴィスを提供する会社」だと説明するという。

RELATED

もうピンクはやめて

こうしたスタートアップが、どのように女性に訴求しているのかも興味深い。

Flexの製品は、1990年代から出回っているInstead社の使い捨て月経カップと極めてよく似ている。ただ、Instead社はピンク色を使ったのに対し、Flexのカップは黒色と金色だ。その美しいパッケージは、高価なハンドクリームが入っているように見える。

従来の生理用品広告で使われる柔らかい女性らしさや婉曲的な青い液体を拒むことが、こうしたスタートアップが若い女性に売り込むための方法のひとつだ。「わたしたちは、ピンク色や花柄、そして実にひどいステレオタイプ以上の存在なのです。わたしたちには経験も、能力もあります」とGlow社のマーケティング&パートナーシップ部門長、ジェニファー・タイは言う。

しかし、きれいなデザインだけでは生理にまつわる汚名を拭うことはできない。タリヤルがNextGen Jane社の資金獲得のためにあちこち駆け回っていたとき、自分のプレゼンテーションが、女性投資家にさえ心底嫌悪感を与えていたことに彼女は気づいたという。

flex

PHOTOGRAPH COURTESY OF FLEX

「生理の矛盾」にピリオドを打つこと

Flexは、生理中でも流血しないセックスを保証している。Thinxは、普通に(そしてもっとセクシーに)見える下着で生理を簡単に隠せるようにしている。だが、彼らは生理を「エンパワー」する製品を売ろうとしているわけで、ここに矛盾がある。つまり、生理が素晴らしいことであるならば、なぜ隠そうとするのか?ということだ。

『Under Wraps: A History of Menstrual Hygiene Technology』(スカートの下で:生理衛生技術の歴史)の著者シャラ・ヴォストラルは、タンポンの発明により、生理中の女性も「生理でない」よう振る舞えるようになったと指摘する。「そうでなければ、じろじろ見られたり、恥ずかしく感じたりするでしょう」とヴォストラルは言う。恥ずかしいと思うからこそ、こうした振る舞いが必要になるというわけだ。

NextGen Janeも、この矛盾に気づいているのだろう。「わたしたちはもっと意欲的なメッセージを発信しようとしています。『これは不要なものではなく、有益なものなのです』と」

彼女は共同創業者のステファン・ガイアとともに、経血内の剥離した細胞の遺伝子を調べることで、子宮内膜症の検査をする方法を開発している。経血には医学的に有益な情報が豊富にあるという事実に、科学界ですらほとんど注意を払っていないのだ(科学界は、投資業界と同じく男性上位社会だからだろう)。

『ニューヨーク・タイムズ』の記事が出て以降、NextGen Janeのチームは、「経血が診断のために重要だというアイデアに元気づけられた」という多くの女性たちからの声を聞いたという。生理にまつわるムーヴメントは、ゆっくりとではあるが、医学界にも流れ出しているようだ。