手前の机に電源を入れた状態。奥の机に比べて温度が低く、パネルに水が流れている机の作業面とパーテーションは、特に青が濃くなっているのがわかる(撮影/高橋有紀)

写真拡大

 適温には個人差があるため、フロア全体を一律に冷やすと、なにかと問題だ。そんな中、デスク単位で温度調整ができるパーソナル空調が登場した。

 夏の「適温」問題は悩ましい。

 暑がり、寒がり。外回りの仕事、一日中室内にいる仕事。TシャツOKの職種と、ジャケット必須の職種。さまざまな人が働く空間だからこそ、28度にしても、26度にしても、適温には個人差が発生する。みんなが快適、は夢物語なのか。

 そんな問題に立ち向かうべく、未来のオフィスの空調を先取りしている空間がある。東京・大手町の大手門タワー・JXビルの3×3LabFuture。ここで採り入れているのが、デスク単位で温度調節ができるパーソナル空調だ。

●空気よりも水を流す

 開発に携わった三菱地所の澤部光太郎さんが言う。

「高効率の省エネは、個別冷暖房です」

 個人単位の空間でこまめにオン・オフを切り替えることができれば、フロア全体を一律に冷やすよりも、エネルギー効率がよい。全体は最低限に抑え、個別で調節できれば、席にいない人や寒がりの人のスペースまで冷やす無駄がないからだ。

 これを実現したのが、冷暖房付きオフィスデスクだ。

 仕組みはこうだ。冷温水の通るホースをデスク内部と、向かいの机とを仕切るパーテーション部分に敷設する。16度に冷やされた水がホースを循環することで、じんわりと周辺を冷やす。

 デスクの表裏、つまり、作業面と膝上の面を、個別にスイッチでオン・オフできる。作業面をオンにすれば、パソコンで作業するときに、ちょうど手を置くエリアの辺りが、ひんやりとしてくる。

 まだ暑いと感じれば、ファンの電源を入れて冷風を出すこともできる。水で冷やされた空気が、21〜22度で供給される。細かくあいた穴から出る風は周囲には拡散せず、ちょうど自分の手元に落ちるように流れてくる。

 机の厚さは普通の机と変わらず、前部のパーテーションも10センチほどの厚さだ。この厚さに収めるために試作を繰り返し、現在のものは4号機だという。

 冬は冷水が温水になり、デスクの裏からコタツのように暖める。

「パーテーションと足元には人感センサーがついていて、人が席にいるかどうかを判断する。スイッチを入れたまま離席した場合、10分たつと自動的に電源が切れます」(共同開発した高砂熱学工業の平原美博さん)

 オフィス全体では、“天井輻射空調”を採用。机と同じく天井パネルのホースに水が流れ部屋全体を冷やす。風を吹きつけないので、特に女性から「過ごしやすい」と好評だという。

 快適なだけではない。

「空調機から空気を送るよりも、水を流すほうが電力はかからない」

 と澤部さんが言うように、省エネ性が高いのも特徴で、従来のオフィス空調に比べると、消費電力を約40%削減することができる計算だ。

●満足感が全然違う

 天井に蛍光灯はついていない。パーテーション上部のLED間接照明が基本で、あとは個別のライトを必要に応じて使う。普通のオフィスより少し暗い印象はあるが、パソコンの画面はそもそもバックライトで明るく、作業にはまったく問題なさそうだ。照明の発熱が減れば、さらに冷房の効率が上がる。

 普及の壁となるのは、初期費用だ。大がかりなシステムのためビルの新築時に導入するのが基本となるうえ、従来の空調と比べれば初期費用はかかる。

 前出の早稲田大学の田辺新一教授は、個別に空調を管理できることの心理的な効果についてこう説明する。

「個人で調節できれば、満足感が全然違う。扇風機の風もやみくもに他人に当てられると腹がたつけど、自分で選択した結果なら強風でも受容できるんです」

 オフィスの制“空気”権を個別に持てる時代へ。女性や外国人が多く働くようになってきたからこそ、ダイバーシティーに対応する空調のあり方を考えないといけない。(編集部・高橋有紀)

AERA 2016年8月1日号