親に贈るスマホ決定版!auのスマホ&ケータイ

写真拡大

au(KDDI)が夏モデルの第2弾を発表しました。シャープ製のスマホ「BASIO2」と、京セラ製の「かんたんケータイ」の2モデルです。どちらも主にシニア層をターゲットにするモデルで、シンプルで使いやすいことがセールスポイント。

タッチで文字入力しやすく、カメラも簡単!

〈関連記事〉トーンモバイル1000円スマホ「TONE」に向く人、向かない人

「BASIO2」は、電話・メール・カメラの使いやすさにこだわったスマホ。OSはAndroid 6.0で、Google Playに対応。「LINE」はもちろん、話題の「ポケモンGO」でも使えます(auの担当者いわく「公式に対応の有無を言える立場ではないが、インストールして試してみました」とのこと)。

 

01

02

 

最大の特徴は、背面のスライドカバー。これを開けるとカメラのレンズが現れ、同時にカメラが起動する仕組み。側面にあるシャッターボタンで、デジカメと同じ操作性で撮れるようになっています。背面カメラは約1310万画素で、薄暗い場所でも明るくノイズを抑えて撮れる「NightCatchII」にも対応しています。

 

03

 

初めてスマホを使う人が、タッチでの文字入力に戸惑うことを想定し、「文字入力アシスト機能」も搭載。これは、入力操作に迷って5秒ほど何の操作を行わなかった場合などに、画面に操作方法を教えるガイドが表示されるというもの。なお、スムーズに操作できるようになるにつれ、ガイドは表示されないようになるそうです。

 

04

 

画面サイズは約5インチで、省電力性能を持つIGZOディスプレイを採用。着信がひと目でわかる電話ボタンやメールボタンは、前モデル「BASIO」から引き継いで搭載。最大150Mbpsの4G LTEに対応し、もちろん高音質通話「VoLTE」も利用可能。ワンセグ、防水・防塵・耐衝撃にも対応しています。

ブラウザの文字が読みづらい場合に、設定画面に切り替えることなく、文字サイズを変更できたり、「拡大鏡」機能で大きく表示できる機能も備えています。

 

05

06

 

純正のフリップケース(別売)も用意されており、ケースを付けたままで同梱の卓上ホルダーにセットすることもできます。

 

07

08

 

さらに、同梱の取扱説明書「かんたんマニュアル」も、見本画面を大きく掲載し、見やすいものに一新。もし、高齢の親が「スマホを使ってみたいが、使いこなせるか不安」と言っていたら、このスマホならスムーズに使いこなせるかもしれませんね。「使い方がわからないから教えて」と聞かれることも少なくなるかもしれません。7月30日発売予定。実質価格は3万2400円になる見通しです。

 

声が聴きやすいガラケー「かんたんケータイ」

「かんたんケータイ」は、auが4年ぶりに発売するシニア向けのケータイ。「かんたんケータイ」はAndroidをベースとするOSを搭載していますが、Google Playは利用できません。「ガラホ」ではなく、あくまでも「ガラケー」です。

10

11

 

特徴は、まず、高音質通話「VoLTE」に対応し、相手の声が聞こえやすい「スマートソニックレシーバー」を搭載していること。次に、3.4インチの液晶画面に大きくわかりやすいメニューを表示し、使いたい機能を迷わず呼び出せること。白内障を患っている人でも画面が見やすいように、コントラストも向上させたそうです。

 

12

 

ダイヤルキーパッドは、複数のプロトタイプを作り、手袋を装着した状態で押しやすさを検証したそうです。なぜなら、高齢になると、指先の感覚も鈍くなり、素手でも手袋を装着したときのような感触しか得られなくなることがあるのだそうです。

 

13

 

「かんたんケータイ」は「LINE」アプリは非搭載。防水・防塵・耐衝撃には対応していますが、ワンセグとおサイフケータイは非搭載。なんと海外ローミングにも対応していません。「電話とメールが簡単に操作できれば十分」という人のために、思いきって不要な機能を省いたことも特徴と言えるでしょう。ただし、カメラは約800万画素で手ブレ補正にも対応。最大75Mbpsの4G LTEにも対応しています。7月30日発売予定で、実質価格は2万1600円になる見通しです。

 

14

 

発表会には、俳優の杉良太郎さんと、タレントの真鍋かをりさんも登場。来月72歳の誕生日を迎えるという杉さんは、のっけから「スマホには興味がない」「時代劇の役者には似合わない」などと本音を話し、司会者を驚かせたものの、真鍋さんのアシストを受けつつ、「BASIO2」を手に取り、スマホに初挑戦。「自撮りってチャラチャラした感じで好きじゃない」と苦笑いしながらも、真鍋さんとのツーショット撮影にも挑戦。最後には「これを使うと、もう戻れないかもね」と。どこまでが本音で、どこまでがリップサービスなのかはわかりませんが、とにかく渋くて、かっこよかったです。

 

15

16

 

(取材・文/村元正剛)

むらもとまさかた/ITライター むらもとまさかた/ITライター

iモードが始まった1999年からモバイル業界を取材し、さまざまな雑誌やWebメディアに記事を寄稿。2005年に編集プロダクション「ゴーズ」を設立。スマホ関連の書籍・ムックの編集にも携わっている。