28日、環球網によると、日本のマクドナルドの店舗に掲げられたポスターが台湾メディアに取り上げられている。写真は中国のマクドナルド。

写真拡大

2016年7月28日、環球網によると、日本のマクドナルドの店舗に掲げられたポスターが台湾メディアに取り上げられている。

ネットユーザーが画像を投稿したことで注目を集めたのは、「外国語のメニューを用意しています」という内容のポスター。英語で「Welcome to Nara!」とした上で、英語、中国語、韓国語でそれぞれの言語のメニューを用意していることを伝えるものだが、中国語バージョンは「1つの中国のメニューを提供します」という意味に訳されていた。

これを見たネットユーザーからは「日本のマクドナルドも中国と台湾の“一つの中国”原則を理解している」というコメントや「日本の店はグーグルで翻訳することが多いから、“一つの中国”もグーグル翻訳の結果では?」という声が上がっている。(翻訳・編集/野谷)