食もエネルギーも自給自足!究極にサステナブルな居住コミュニティがオランダで建設中

写真拡大

160717regenvillage1

Source: http://www.regenvillages.com/

私たちは、従来、遠方の大規模な発電所から送電されるエネルギーを使って日常生活を営み、国内外の生産地から長距離輸送を経て届けられる食料を数多く消費してきた。

しかし、近年、食を中心に、“地元で生産されたものを地元で消費する”という地産地消が推進され、この概念は電力の分野にも波及。

地域への安定的な電力供給の観点から、一般の建造物に備えられたソーラーパネルや、都市部にある中小規模の発電施設のように、電力消費地の近くに発電設備を分散配置して、電力を供給する“分散型エネルギー”が注目されている。

では、食料も、電力も、自らの居住コミュニティで自給自足するとしたら、いったい、どのような空間になるのだろうか。

食とエネルギーを自給自足するオランダの居住コミュニティ

160717regenvillage2

Source: http://www.regenvillages.com/

オランダのアルメレ(Almere)では、環境負荷に配慮した自給自足型の居住コミュニティ『ReGen Village(リージェン・ビレッジ)』の第1号案件が建設されている。

デンマークの設計事務所『EFFEKT』の設計にもとづき、米カリフォルニア出身の起業家James Ehrlich氏が手がけているもので、15,450平方メートルの敷地に100世帯が入居する予定だという。

160717regenvillage3

Source: http://www.regenvillages.com/

住居スペース、コミュニティスペースなど、複数の建物で構成される各集落は、温室とつながっており、温室では、家庭から排出される生ゴミを堆肥にしたり、野菜や果物を栽培できる仕組み。

つまり、生産から消費、堆肥によるリサイクルまでの食の循環サイクルが、『ReGen Village』の中で完結するわけだ。

160723regenvillage4

Source: http://www.regenvillages.com/

また、『ReGen Village』では、ソーラーパネルをはじめ、再生可能エネルギーの発電ソリューションを導入。

これらによって、住民が消費する電力を居住コミュニティでまかなう“エネルギーの自給自足”が可能となる。

サステナブルで快適な住環境の実現をテクノロジーが後押し

『ReGen Village』のみならず、太陽光発電を活用した英ビスターの『North West Bicester』や、コミュニティ農園を併設する米カリフォルニア州の『The Cannery』など、食やエネルギーの自給自足を志向する居住コミュニティが、世界各地で少しづつ広がりはじめている。

これらの居住コミュニティに共通するのは、現代人が快適に暮らせる生活水準を担保しながら、持続可能な未来に向けたよりよい居住モデルを目指している点。

とりわけ、『ReGen Village』は、再生可能エネルギー技術や、垂直農業をはじめとする都市型農業ソリューションを、一般の居住コミュニティに効果的に取り入れ、食とエネルギーの自給自足を同時に実現していることから、他例よりもさらに一歩先んじた取り組みといえるだろう。

【画像・参考】

※ RegenVillages

※ North West Bicester

※ The Cannery