『坂上忍の女の人生めった斬り!!』(坂上 忍/エムオン・エンタテイメント)

写真拡大

 「女性は話を聞いてほしい生き物。悩みを聞く時は、『共感』が大事」。そんな定説をよく耳にするし、確かに間違ってはいない。でも実際私たち女性は、共感と同じくらい愛のムチを求めている気がする。

 『坂上忍の女の人生めった斬り!!』(坂上 忍/エムオン・エンタテイメント)は、まさに悩める女性に愛のムチを与えてくれる本だ。アラサー女性に人気の雑誌『and GIRL』で大好評の悩み相談コラムの書籍化。毒舌キャラでメディアに引っ張りだこの坂上 忍が、恋愛や結婚、仕事、家族、イタイ女…など、女性のあらゆる人生相談に回答している。悩みを持ちかける女性の年齢層は、小学生から60代まで様々。自身も一度離婚を経験し、浮き沈みの激しい芸能界で生き抜いてきた坂上氏だからこそ、どんな回答でも不思議な説得力がある。

 たとえば、【不倫してる友人が嫌!】(26歳/メーカー勤務)。相談者の友人が妻子ある10歳年上の上司と不倫しているが、まったく悪びれていない。堂々と旅行までしている友人と上司に嫌悪感を隠しきれず、坂上 忍の見解が聞きたいという相談。それに対して、【不倫は犯罪と同じ。あくまでこっそりやるべきで口にするヤツはバカ!】と一喝。人を好きになる気持ちが止められないことはあっても、自分が罪人なんだという自覚と一生日陰者でいる覚悟を持つこと。そのうち友達が泣きついてきても慰める必要はない、と言い切っている。

 “激辛お悩み相談室”というタイトルではあるが、悩みに答える坂上氏のまなざしはあくまで温かい。どんな悩みでも頭から否定せず、全ての世代の女性に平等に愛のムチを発揮している。もはや「悩み相談」という枠を超えて、坂上節炸裂だ。

【難しい勉強をがんばるコツは?】(11歳/小学6年)。中学受験に向けて勉強しているが、塾での勉強が難しい。志望校に絶対に合格したいので、遊びの誘惑に負けず勉強を頑張るコツを教えてほしいという相談。坂上氏は、【好きになれる教科を見つけて“やらされ感”を消して】とアドバイス。さらに、【すぐに「絶対」とか「死んでも」とか口にしたくなる年頃だけど、本当に「絶対受かりたい」の? 本当の気持ちは、「絶対に遊びたい」なのかもしれないよ】と、相談者の小学生女子に新たな課題まで投げかける。

 結婚願望が止まらない【とにかく彼と結婚したい!】(30歳・会社員)には、【「便利女のプロフェッショナル」を目指せば、結婚はすぐ目の前】。結婚したいという「欲」を悟られれば相手は逃げていくので、自然に用事を肩代わりするなどして彼にとって心地いい加減を探すことが大切、という。

 悩み相談への回答ではないが、時折挟まれる格言も面白い。中には「結婚は逃げ道でOK!」など、家事や子育てで忙しい女性からは睨まれそうなものもあるが、そもそも坂上氏は好感度を気にしないという。理由は、自分でコントロールができないものだから。礼儀は忘れず、ありのままの自分でいる。それこそが、坂上 忍が愛される秘訣なのかもしれない。悩める女子の皆さんも、本書からその姿勢を学んでみては?

文=佐藤結衣