ラブラブカップルも経験済み!必ず訪れる“倦怠期の乗り越え方”5つ(photo by drubig-photo/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】今は仲良しそうに見えているベテランカップルも、周りに言っていないだけで、いろいろな山を乗り越えてきたはず…。ときにはお互いに「バカ!」と言い合いしたり、なかなか理解し合えなくて距離を置いたときもあるでしょう。いずれにしても、どんなカップルでも必ず倦怠期は訪れます。

【他の記事を見る】男性が「たまらなく、抱きたい!」女性5の特徴

一度、入ってしまった以上、あとはお互いに努力するだけ!きっと二人が協力すれば、するりと乗り越えていけますよ。そこで今回は、付き合っていれば必ず訪れる“倦怠期の乗り越え方”をご紹介いたします。

♥一人の時間を楽しむ


今まで別々に育ってきた男女がいきなり一緒にいるわけですから、お互いに不満が溜まれば、倦怠期も当然、訪れるでしょう。

しかし、倦怠期に入ったからとはいえ、カップル全員が乗り越えられずに別れていくわけではありません。

彼と会ってもイライラするなら、今までよりも、ほんの少しだけ距離を置いて、一人の時間を楽しみましょう。

たとえば今まで彼や友だちがいないと一人で旅行できなかったなら、思い切って一人旅に出かけてみる。

あるいは、新しい習い事を始めてみたり、趣味をみつけたりと、今までとはまったく違う過ごし方をすれば、彼に対するイライラもそのうち消えてくでしょう。

♥相手に対する不満を書きだす


不思議なもので倦怠期に入ると、彼の嫌な部分しか目に入ってこなくなります。

どう首をかしげて彼をみても、欠点ばかりが目についてしまうのです。

一度、そういう症状がでてきたら、すぐには改善できません。

まずは冷静に振り返りができるように、おひとりさま会議を開きましょう。

お気に入りのカフェで紙とペンをもって自分の気持ちと向き合うのです。

そのとき必要なら、相手に対する不満も一緒に書きだしてみて。

相手は紙であって、彼本人ではありません。

遠慮せずに「バカやろう」と思っているなら、そのまま紙に気持ちをぶつけましょう!

♥旅行へ行って気分転換


倦怠期に入ると、普通のデートをしていても盛り上がらずに険悪な雰囲気が続いていくもの。

もし、これ以上、不穏な空気に耐えられないなら、思い切って旅行を計画してみてはいかが?

ただし、ポイントとしては観光メインではなくホテルや旅館でゆっくり休むこと。

畳にゴロゴロしながら「実はさ〜」と相手になかなか伝えてこれなかった気持ちをぶつけてみれば、倦怠期も終息を迎えるかもしれませんよ。

♥会う頻度をあえて下げる


デートをしても、旅行をしても、二人ともイライラモード。

何を言っても喧嘩するだけなら、わざわざ無理をして会う必要はありません。

今まで毎週末会ってきたなら、隔週や月1にしても問題はないでしょう。

お互いのことがよく分かっていない状態で会う頻度を上げても、二人とも疲れてしまいます。

事前によく話し合ったうえで会う頻度を下げ、彼に会わない時間は、仕事や趣味に集中したり、友達と遠出したりと、今までとは少し違う過ごし方を意識してみてくださいね。

♥彼とよく話し合う


倦怠期に入ったばかりの頃は距離をおいても問題ありません。

ただ、しばらくは距離を置くにしても、いずれは彼と真正面からぶつからなくてはいけなくなります。

最終的には話し合いをして、お互いに不満に感じていること、今後、付き合っていくなら、今の状態をどう改善するべきなのかをよく相談しましょう。

カフェやレストランなどで話すよりも、彼の家やあなたの部屋があるなら、どちらかの家に集合して、周囲を気にせず、言いたいことを言い合ってみてくださいね。

いかがでしたか?

あなたにとって本当に彼が大切な人であるなら、そこまでもがかなくても、最終的には付き合いは続きます。

倦怠期に入ったからといって焦らなくてもいいんです。

まずは、適度な距離をおきつつ、一人で考え、結論がみえ始めたら彼とも共有しましょう!(modelpress編集部)