26日、韓国企業の対中投資が5年連続で増加した。前年同期比17.8%増の28億4000万ドルと2011年から5年連続で増加トレンドを維持している。資料写真。

写真拡大

2016年7月26日、韓国企業の対中投資が5年連続で増加した。環球網が伝えた。

韓国・聯合ニュースによると、韓国貿易協会北京代表処は26日、2016年上半期の韓国企業による対中投資状況を発表した。前年同期比17.8%増の28億4000万ドル(約2990億円)と11年から5年連続で増加トレンドを維持している。下半期もこのペースは続き、16年通年の投資額は50億ドル(約5260億円)を突破。04年以来の高水準になると予想されている。

一方、日本企業の対中投資マインドは減少傾向にある。日本貿易振興機構(ジェトロ)が今年1月に発表したアンケート調査結果によると、「対中投資を拡大する」との回答は38.1%にとどまり、初めて40%を割り込んだ。(翻訳・編集/増田聡太郎)