写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IDCフロンティア(IDCF)は7月28日、ディープラーニングを容易に実現するGPUを搭載した高性能GPUコンピューティングを、クラウドサービスとして提供すると発表した。利用料金は現在のところ未定で、提供開始は2016年10〜12月を予定している。

画像解析や音声認識をはじめ、科学分野や研究開発におけるディープラーニングの応用には、膨大な処理能力が求められるが、CPUベースのコンピューティング環境では、多くのノードを束ねて処理を行う必要があり、処理に必要な時間やサーバー環境の構築、それら機器を設置するデータセンターにおける大量の排熱や膨大な電力消費といった課題がある。

これに対し、IDCFが今回発表したサービスでは、NVIDIAの「NVIDIA Tesla GPUアクセラレータ」をサーバーに搭載し、ディープラーニングに不可欠である高度な処理能力を発揮する仮想マシンとして提供する。これは、IDCFクラウドの最上位タイプ「highio.5XL128」(CPU 40コア 2.5GHz相当)と比較した場合、約20倍の演算処理能力を発揮するという。

ディープラーニング向けに開発されたNVIDIAのGPUには、並列作業を効率よく処理する何千ものコアが搭載されているため、大量のデータを高速で処理することができる。IDCFは、このGPUを搭載したサーバーをクラウドで提供することで、ユーザーは強力なコンピューティングパワーを必要なときに手に入れることができ、処理基盤の構築や維持・運用の時間を短縮するとともにコストを削減できるとしている。

(神山翔)