ソラシドエア、駄洒落みたいなネーミングの「そんなカラシに抱かれてキャンペーン」実施

写真拡大

宮崎県に本社を置く航空会社ソラシドエアが、ジャンボカラシれんこんクッションが当たる「そんなカラシに抱かれてキャンペーン」というオヤジ駄洒落みたいなネーミングのキャンペーンを実施します。

【関連:親子が空の旅を快適に過ごすテクニック】

そんなカラシに抱かれてキャンペーン

このキャンペーンは、熊本・大分復興支援プロジェクト『九州の元気に 会いに行こう!』の一つとして行われるもので、過去に実施し「なぜ作った?!」と物議を醸した長崎角煮まんじゅう寝袋に続く第2弾。

第2弾では熊本のご当地グルメカラシれんこんをリスペクトし全長約1メートル、厚さ50センチの超巨大クッションを作ったそうです。
応募方法はクイズに答えるだけで応募できるオープン型。キャンペーンページから応募すると抽選で5名にプレゼントされます。期間は7月29日10時から8月31日23時59分までです。

また、7月29日から9月30日までの間、九州〜 東京(羽田)線に登場すると『おおいた豊後牛』と『大分・熊本-東京(羽田)線の往復航 空券』が抽選で当たる「空とぶんご牛プレゼントキャンペーン」というこれまた駄洒落のようなネーミングのキャンペーンも実施されます。

気づけば熊本地震から早3ヶ月。ソラシドエアの今キャンペーンは一見、復興とはあまり関係ない単なる賑やかしのようにも思われますが、震災や災害で一番怖いのは「世間から忘れられること」。被災地はまだ復興途中。手つかずのところも多いといいます。

賑やかし続けることで、まだ復興してない九州に目を向けて貰う。
盛り上がって応援、九州まで行けるなら旅して応援!できることがあれば、できることから気軽に参加してみてはいかがでしょうか。