28日、韓国で多数の犠牲者を出した加湿器消毒剤事件の最大の加害者とされるオキシー・レキットベンキーザー社の外国人役員らが、韓国検察の調べに対し誠意のない回答をしたとして韓国人の怒りを買っている。資料写真。

写真拡大

2016年7月28日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国で多数の犠牲者を出した加湿器消毒剤事件の最大の加害者とされるオキシー・レキットベンキーザー社の外国人役員らが、韓国検察の調べに対し誠意のない回答をしたとして韓国人の怒りを買っている。

事件の捜査を行っているソウル中央地検はこのほど、ゴーラブ・ジェイン元オキシー代表など同社の元・現職役員ら5人から書面調査の回答を受け取った。役員らは回答の中でいずれも容疑を否認している。このうちジェイン元代表は「加湿器消毒剤が肺損傷の直接的原因」とした韓国機関の実験結果報告書を隠匿した理由を聞かれ、「隠匿していない」と容疑を否認した。また、他の役員らも多くの質問に対し、「知らない」「関与したことはない」「記憶にない」など責任回避とも取れる回答を繰り返した。

さらに、オキシー社でマーケティングを担当していた役員は、商品パッケージに「子どもにも安心」との虚偽の宣伝文句を入れたことについて、「韓国語が分からないので文言を点検できなかった」との回答を寄せた。

検察は今回の書面調査の回答内容を基に、近く2回目の質問書を役員らに送る方針だ。

韓国のネットユーザーからは、心ない釈明に怒りのコメントが多数寄せられている。

「だったら韓国から出て行け」
「ハングルができなくても安心して入れる外国人専用刑務所が準備されてるよ」
「宣伝文句はものすごく大事なのに。役員が消費者に出す広告の文言を外国語だからと検討すらしなかったなんて。詭弁(きべん)だ」

「韓国語ができないとふざけてるのを見てなぐらずにいられなかった。と言ってなぐったら駄目かな」
「そもそもなぜ書面調査なの?だから韓国を甘くみてそんなことを言い出すんだよ」
「検察にしろ政府にしろ、そして警察にしても適当な韓国だからってばかにしてるんだ」

「町の商店じゃないんだからもう少しまともなことを言え」
「韓国語はできなくても韓国の金はたっぷり入ってくる。いまだに韓国人がカモにされていることが悲しい」
「このヘル朝鮮(地獄の韓国)にはどう対応すればいいか、もうみんな知っちゃってるんだな」(翻訳・編集/吉金)