もう見た?世界一有名な“子どもの動画”がSFX映画みたい

写真拡大

 日本各地で続々と梅雨明け宣言がなされている今日この頃。世間は夏休みとなり、ビデオ片手に子どもとの思い出を記録する機会が増える時期がやってきました。

 しかし、身内以外は面白くない、ありきたりな内容になりがちなのがホームビデオというもの。そんな中、世界一有名なホームビデオをご存知でしょうか?

 まずはこちらの動画をご覧ください。再生回数約5000万回、大人気シリーズの第1作目です。

⇒【YouTube】Action Movie Kid - Volume 01 http://youtu.be/34Q0BB8-2nA

 3分弱の動画ですが、CGを駆使した映画顔負けの完成度に驚きが隠せません。

 この動画を作成したのはダニエル・ハシモト氏。2014年2月より、息子ジェームズ君の成長記録として投稿を開始。アカウント「Action Movie Kids」の登録者数は60万人以上、動画再生回数は、なんと累計2億4000万回を越えるほどの人気っぷり!!(登録者数・動画累計再生回数共に2016年7月20日時点)作品の数々がホームビデオの枠を超えるクオリティだと、日本でも一部の人の間では有名なのです。

 続いては最新の動画です。ボーリング場にいるジェームズ君が……!

⇒【YouTube】Cosmic Bowling (Star Trek Beyond Style) http://youtu.be/5yhHf9rVF-0

 さらには、おなじみ「マリオカート」の世界に入り込んでみたり、水たまりに落ちてしまったり……大人の私たちでもワクワクするような内容のオンパレードです。

⇒【YouTube】Shopping Kart 64 http://youtu.be/iVgzfL5zr-w

⇒【YouTube】The Danger of Wet Floors - Part 2 http://youtu.be/CahkhCLuc-8

 パパの手にかかれば、ジェームズ君は何でもできるスーパーマンに大変身! そんな凄腕の持ち主のダニエルさん、一体何者なのでしょうか?

 実は彼、『トランスフォーマー』『シュレック』などで知られる映画制作会社DreamWorks勤務のアニメーター。『ヒックとドラゴン』や『カンフー・パンダ2』などの制作に携わってきた、その道のプロだったのです。

 息子がアイアン・マンになりきっている姿を見て、ムービー作成を決意したというダニエルさん。ジェームズ君は最初に動画を見た時、「本当にぼくなの?」と驚きを隠せなかったそうです。

 こちらの動画、誰でも購入可能な「Adobe AfterEffects」を使用して作成されているそう。インスタグラムなど、SNSへの動画アップが流行っている今日。ダニエルさんほどは難しいにしても、少しの工夫で他人と差をつけられること間違いなし!

 今年の夏、自分だけのオリジナルムービーを作ってみてはいかがでしょうか。

<TEXT/女子SPA!編集部>