インターネット通販が普及したことで、消費者はわざわざ店にいかなくともネット上で大抵の物を購入できるようになった。ネット通販の価格は実店舗より安いことも多く、しかも家まで配達してくれる。

 ネット通販は店舗を構える小売業にとっては脅威であり、事実、中国ではネット通販によって実店舗を構える小売業の経営が圧迫されているという。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国は日本の店舗経営に学ぶべきであるとの記事を掲載した。

 記事は、近年中国ではインターネットによる家電販売が好調であり、実店舗での販売が年々難しくなっている現状を紹介。しかし日本ではネット通販ももちろん人気だが、実店舗での販売も消費者に支持されていると紹介している。

 日本において、店舗での販売が廃れない理由として、記事が挙げているのは「細やかなサービス」だ。顧客のニーズに合わせたサービスが提供できていることや、問題が発生した場合には、問題の原因が対応した店員本人になくても謝罪し、問題の解決に当たってくれると紹介。反対に中国では、「この件は自分では処理しかねる」、「これは別部門の責任だ」などと、責任逃れをする店舗が多く、誠実な対応が見られない様子を伝えた。

 日本の家電量販店に行くと、明るい店内に工夫の凝らされた商品展示、専門知識を持った店員による対応などを見ることができる。しかし中国では、薄暗い店内に殺風景な商品展示、店員同士が世間話をしている様子が見られる。このような状況で店舗販売を維持できるはずがないだろう。中国では最近、「日本に学ぶべき」との論調の記事をよく見かけるが、学ぶべきことは山のようにある。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)