「義務感」からのセックス経験あり?夫婦で差が出る数字とその理由

写真拡大

「セックスレスになってしまうと、夫とのココロの距離が離れてしまう」そう思って、レスにならないよう努めている妻もいるのではないでしょうか。

でも、夫婦といえどもお互いの本心を的確にキャッチできているとは限らないのが、男女関係の怖いところ。定期的なセックスがあったとしても、実は“義務感”からの行為であるリスクが潜むのが現実なのです。女性には思い当たることがあるかもしれませんが、実は男性も同じ義務感を抱えているのをご存知ですか?

今回は、『WooRis』の過去記事や500名の妻に実施した独自調査をもとに、現代夫婦のちょっと危うい夜の営み事情をお伝えします。

 

■2人に1人の妻が夫と義務的セックスを!?

『WooRis』が500名の妻に「夫に対して“義務感”からセックスをしたことがありますか?」と質問をしたところ、驚くことに46.2%が「ある」と回答しました。

なんと、およそ2人に1人の妻が夫に対して“お役目”としてのセックスをした経験があるようなんです。

その理由はダントツに「セックスをしないと夫の機嫌が悪いから」がトップで35.5%、次いで「断ると夫が怒って面倒だから」が26.2%で続きます。

本音ではしたくないのに応じている理由としては、“夫の機嫌”が大きく関係している実情が読み取れますよね。

 

■5人に1人の夫も義務感から妻を抱く…

一方、『WooRis』の過去記事「3位浮気を疑われない為!“義務感から妻を抱く”夫の切実な理由1位は」では、500名の夫のうち19.8%が「義務で妻を抱いたことがある」と回答していました。

妻の割合と比較して半数以下なものの、世の夫の5人に1人が“お役目”で妻とセックスしたことがあるというのです。

その理由としては、「夫婦はセックスをするべきだから」がもっとも多く27.3%に。

さらに、2位には「妻の機嫌が悪くなるから」(20.2%)、3位に「浮気を疑われるから」(18.2%)と続いていました。

同じ“義務感”でも、妻と夫では、その感じる理由には大きな違いがあるようです。

 

■セックスを義務に感じるのは夫婦間に問題がある兆候

レスになるのを避けたくて“義務”でのセックスを続けてしまえば、そのうち苦痛になってきてしまうもの。

「夫が怒るのが怖いから断れない……」だなんて、せっかくの愛の行為なのに悲しい動機付けですよね。とはいえ人間ですから、“ノリ気”ではないときもあるのが本音。

できれば、夫に素直な気持ちを伝えることができればベストですが、言えない関係になっているのであれば、そこが一番の問題かもしれません。

性の話題は夫婦間でもタブー視されがちな一方、嫌なのにセックスをしていても愛情が湧くどころかセックスが嫌いになってしまいますよね。義務で夫に応じているならば、本来の“愛の行為”を“義務”としか思えない理由が別のところに潜んでいる兆候なのかも。

夫の過去の浮気経験や、愛されていない感覚など、夫の求めに進んで応じる気持ちになれない背景を探ってから、そっと夫に相談してみるのも一案です。そもそも、妻の気持ちに寄り添えない夫とは、一緒に暮らしていても幸せの実感が持てないですよね。

 

いかがですか?

“義務”だと感じる期間が長ければ長いほど、夫婦間の愛情や関係に問題が潜んでいそうです。“義務”だと思ってしまう状況は夫婦スレ違いの兆候に。早めに原因を探って、再びラブラブ夫婦を目指したいですよね。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ これがレス解消の秘訣!性欲の元「男性ホルモン」の分泌を促す方法6つ

※ 最近やけに…と感じたら!「夫のレス解消の努力」2位早く帰る、1位のサインは

※ 「愛妻家は妻をこう呼ぶ」3位ニックネームを超える圧倒的1位は?

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

※ キレイママがこっそり使っている「100%天然シャンプー」

※ たったこれだけ!? メラニンを防ぐ日焼けに負けない美肌の作り方

 

【姉妹サイト】

※ 「夫の不倫」が発覚…そのとき妻は?心につき刺さる心理描写3選

※ 離婚を決断すべきタイミングは?夫婦関係が末期を迎えたサイン5つ

 

【画像】

※ Kotin / Shutterstock