■連載/ヨシムラヒロムの勝手に宣伝部長

最近、ドミノピザを頻繁に注文する。

よく言われている話ではあるが、日本の宅配ピザは高い。Lサイズを頼もうものなら、余裕で3500円は超える。無論、その値段では頻繁に注文はできない。しかし、ドミノピザのキャンペーン期間だと話も変わってくる。期間中は金土日の週末全てのピザが半額に。これが頻繁に注文する理由。

50を超えるメニューで、毎度注文するのが一番安いプレーンピザのLサイズだ。メニューで最も安いLサイズで1700円。キャンペーン期間中は、半額の850円となる。

更に、ここからプライズダウン。ドミノピザは注文した際に表示される配達時間よりも、1分でも遅れた場合は500円割引券をくれる。

それを使用すると、ナント350円という異常な低価格でLサイズのピザを堪能できる。YouTubeでサンドイッチマンの動画を見ながら、Lサイズのピザを食べつつ、コーラを飲む。自分でも「これはダメ人間だ。肥満のアメリカ人みたいだ」とも思うが、ピザがうまいんだから仕方ない。

中目黒の名店「da ISA」のピザは冷凍になってもやっぱり激ウマだった

そんなピザライクな人生で、最高の1枚を選べと言われたら間違えなく、中目黒のダ・イーサのマルゲリータを選ぶ。メディアにも幾度となく取材されている、ナポリピッツァの超有名店だ。店主の山本尚徳氏は、世界ピッツァ選手権で2年連続優勝者。それこそ、日本で一番有名なピッツァ職人と言っても過言ではない。

正直なことを書けば、食べる前はなめていたワケ。

「うまいって言ったって、大したことないんだろ」と考えていた。いやはや一口食べた瞬間、自分の無知さを嘆いた。「今までのピザとは違う。これがピッツァか・・・」と唸るほどにうまい。とにかく生地が違う。フランスパンに近い歯ごたえがあり、独特の塩気が効き、噛めば噛むほどに甘くなる。旨味が口に広がり、食べると笑みもこぼれるほどに。

中目黒の名店「da ISA」のピザは冷凍になってもやっぱり激ウマだった

これは2年前のエピソード。それからピザを注文するたびに、ピッツァへの思いを馳せてきた。「なら行けよ」と自分でも思うが、事前に予約し中目黒行き少し並んで食べるのは少々めんどい。そんなダ・イーサの味を忘れかけている最近だ。

あいもかわらず、コンビニのフィールドワークを行なっている。最近はコンビニの冷食のバリエーションの多さに興味がある「ピザにも色々な種類があるんだなぁ」と手に取ると、パッケージには赤子のロゴマークが描かれていた。

「どこかで見たことあるな・・・」

視線を真ん中に移す、そこにはデカデカと「ナポリが認めたピザ職人のいる店 da ISA」と書いてあるではないか!これは冷凍ピザではない、ダ・イーサの監修の冷凍ピッツァだ。

中目黒の名店「da ISA」のピザは冷凍になってもやっぱり激ウマだった

購入して食べてみた。

正直なことを書けば、食べる前はなめていた。

「うまいって言ったって、どうせ冷食だろ」と考えていた。いやはや一口食べた瞬間、自分が何も学んでないことを嘆いた。「今までの冷凍ピザとは違う。これが冷凍ピッツァか・・・」と叫びたくなるほどうまい。

「本当にいいの?」と勘ぐるほど、店の味まんま。特徴的な生地のうまみが完璧に再現されていた。これが498円で食べられるなんて、これ最高。プライベートブランドものより200円高いけど。

コンビニとコラボする資格があるのは名店に限定される。全国のコンビニで監修商品を販売すれば儲けもあるし、店の宣伝にも。しかし、リスクも高く監修商品を食べる人数は、店の来客数と桁違い。味のクオリティが低くければ名店に傷がつき、店の味の再現を求める人も満足させる必要がある。

このハイリスクハイリターンな状況で、作る商品は流石に、うまいものが多い気がする。コラボ商品にハズレなし説を唱えたい。長くなったがダ・イーサの冷凍マルゲリータピッツァは、この説に当てはまってるってこと。

ちなみに、ダ・イーサのある中目黒はEXILEの街と言われている。EXILEの事務所LDHがあり、そのショップもある。週末にはEXILEに憧れるダンサーキッズが集まる聖地。ダ・イーサの冷凍ピッツァには店主の山本尚徳氏の写真も入っている。中目黒だから分からないが山本氏、EXILEに入っていても違和感のないビジュアルだ。

中目黒の名店「da ISA」のピザは冷凍になってもやっぱり激ウマだった

「ダ・イーサの監修の冷凍ピッツァ」僕ならどう宣伝するか? 

ファミリーマートの人気商品でホットスナックがある。レジ横の棚に入る商品で、フライドポテト、フライドポテト、コロッケなどが陳列。「ダ・イーサの監修の冷凍ピッツァ」も解凍した状態でそこに置けば良いんじゃないの。サイズ感もちょうど良いし、小腹が空いた時に熱々のピッツァをテイクアウト。結構、人気が出る気がする。

文・イラスト/ヨシムラヒロム

武藏野美術大学在学中に泰葉「お陽様よほほえんで」のCDジャケットイラストでイラストレーターとしてデビュー。その後、雑誌やウェブ等でイラスト、執筆、デザインを行なう。

■連載/ヨシムラヒロムの勝手に宣伝部長