写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ミラクル・リナックスは7月27日、大規模システム向け統合監視サーバの最新版「MIRACLE ZBX8300」の受注を8月15日から開始すると発表した。価格は470万円(税別)〜。

新製品を含むMIRACLE ZBX8000シリーズは、同社の統合監視ソフトウェアである「MIRACLE ZBX」のほか、監視サーバ専用にチューニングしたLinuxサーバOS、監視に必要なソフトウェア、クラスタ・ソフトウェアなどをハードウェアにインストールした状態で提供するハードウェア一体型のアプライアンス。

新製品は、提供中の「MIRACLE ZBX8220」の後継製品であり、同梱する「Zabbix」のバージョンを2.2から最新の3.0にすることにより、サーバとエージェント間のセキュア通信を可能にしているという。

新製品は、Windowsや各種商用UNIX、最新バージョンに加えて古いバージョンのLinuxなど多様な環境でセキュア通信の機能をサポートしているとのこと。Amazon Linuxにも対応し、特に通信の暗号化が必須の要件となるクラウドでもユーザーのIT環境の安全な監視を実現するとしている。

これにより、インターネット経由でも安全に監視可能になり、遠隔地で監視する場合やハイブリッド・クラウド環境の監視でも利用可能としている。さらに、高可用性ソフトウェア「CLUSTERPRO」のOEM製品である「MIRACLE CLUSTERPRO X」を標準実装し、監視サーバ停止時には自動的にフェイル・オーバーして監視業務をすぐに継続するという。

プロセス障害を自動復旧可能な「シングル構成」とハードウェア障害にも対応可能な「クラスタ構成」の2種類の構成から選択可能で、監視サーバ自身の障害に自動対応できるため、システム全体の可用性の向上が見込める。

ハードウェアには、富士通のPCサーバである「FUJITSU Server PRIMERGY RX2530 M2」を採用。さらに、2016年秋にオープンソースの運用統合ソフトウェアである「Hatohol」の機能追加を予定している。

これにより、システム監視オペレータ向けの見やすいイベント画面を提供するほか、オンプレミスとクラウドのハイブリッド環境のシステムや、既存のオープンソース監視ソフトウェアであるZabbixや「Nagios」環境を統合したシステムの一元監視が可能になるという。

各タイプの価格は以下の通り。

(山本善之介)