ジョブズのクルマについてのこだわりと、それにまつわる法改正

写真拡大

スティーブ・ジョブズは、自分のクルマにナンバープレートを付けることを嫌って6カ月ごとにクルマを買い換えていたという。しかし、そんなジョブズのわがままを可能にしていたカリフォルニア州の「法の抜け穴」が塞がれることが決定した。

「ジョブズのクルマについてのこだわりと、それにまつわる法改正」の写真・リンク付きの記事はこちら

スティーブ・ジョブズにまつわる有名な話のひとつに、彼が自分のメルセデス・ベンツ「SL55 AMG」の後部にナンバープレートをつけるのを拒否したというものがある。

ジョブズは法の抜け穴に目を付けたのだ。カリフォルニア州車両管理局(DMV)の規制では、新車には「6カ月以内」にナンバープレートを装着することとされており、半年間の猶予がある。ジョブズは、ナンバープレートの猶予期限が切れる前に新しいSL55 AMGを買い直し、それをリース会社に売却していた

関連記事なぜジョブズはいまも語られ続けるのか?

カリフォルニア州のジェリー・ブラウン州知事は7月25日(米国時間)、この抜け穴に対処する法案に署名した。ほかの多くの州のように、カリフォルニア州は2019年から、新しく購入されたクルマに仮のナンバープレートを付けることが義務化されることになった。

さらに今回の規制により、クルマの売り主が、販売人・購入者の氏名や住所といった売買に関する情報をDMVに報告するシステムができることになる。

この法案は、2013年にマイケル・ボナノミという男性がひき逃げ事故で死亡した事件がきっかけとなり、カリフォルニア州議会のケヴィン・ムリン議員が中心になって推進されてきた。ボナノミは、ディーラーによる紙製のナンバープレートを付けたクルマに轢かれて死亡したが、運転手はいまだに特定されていない。

ムリン議員はさらに、この法案により、現在同州でクルマが特定できないことによって回収不能となっている橋や道路の通行料に関して、年間およそ1,900万ドルを徴収できると指摘している。

2635142895_6839d2b80d_b-640x426

ジョブズが所有していた多数のメルセデス・ベンツ「SL55 AMG」の1台(2008年撮影)。後部にナンバープレートを付ける義務を回避するために、ジョブズは6カ月ごとに同じモデルのクルマを乗り換えていた。PHOTO: LEO PRIETO (CC BY-NC-ND 2.0)