VR番組が放送される日も近い!?

写真拡大

VRコンテンツ制作スタジオを持つデジタルドメインが、アメリカのケーブルテレビSyFy(サイファイ)のVR作品「Incorporated」において提携することを発表しました。

■ 「Incorporated」とは

アメリカのサンディエゴに開催されているコミコン・インターナショナルで展示されていました。「Incorporated」は、政府ではなく企業に支配された近未来の社会をモチーフにした作品です。この世界での人物や出来事を描いたドキュメンタリー。マット・デイモン、ベン・アフレックがエグゼクティブ・プロデューサーとなり制作を進めています。

■ そもそもデジタルドメインとSyFyって何?

VRを使った映像作品を制作するのは分かったけど、デジタルドメインとSyFyについて知らないという方もいると思います。そこで2社について簡単に紹介します。

◎ デジタルドメインとは

映画やCM、MVなどのVFX制作を手がけています。会社の名前は知らなくても「タイタニック」「X-MEN」などの誰もが知っている映画作品に携わっていました。しかし、名作と呼ばれる作品に携わりながらも業績悪化が止まらず、2012年に破産。その後、中国企業に買収されます。2013年には、香港の企業であるサン・イノベーションが所有権の過半数を取得し、デジタルドメインはその傘下に入りました。

◎ SyFyとは

アメリカのケーブルテレビチャンネルです。日本でも根強いファンがいる「X-FILE」や日本の俳優、真田広之さんも出演していた「HELIX -黒い遺伝子-」などを放送していました。

■ VR番組が放送される日も近い!?

VR作品を体験するには、VRゴーグルが必要になりますが安価なものも多く、簡単に手に入ります。いずれ日本のテレビ番組もVR作品制作し、放送する日がくるかもしれませんね。

(image by visualhunt)
(著:nanapiユーザー・のこりうどん 編集:nanapi編集部)