世界初の「電動で走るスーツケース」が爆誕! これに乗れば飛行機に乗り遅れそうになっても間に合っちゃうかも!?

写真拡大

以前に、階段をスルスルと上ってしまう便利なスーツケースを紹介したことがあったが、さらにその上を行く、進化したタイプが登場したというので紹介したい。

なんでも、電動で走るスーツケースはミニバイクのようにまたがれて、スイスイと空港内を移動できてしまうのである! これに乗れば、重いスーツケースを引きずらなくても済むし、飛行機に乗り遅れそうになっても間に合う確率がアップしそうだぞ!!

・バイクのように電動で走るスーツケースが登場!

重いスーツケースを引きずりながら、広い空港を移動するのは難儀だが、そんな問題を一切解決してくれるのが、電動で走るスーツケース「Modobag:モードバッグ」だ。

人間の徒歩より3倍速く進むというモードバッグは、時速約13キロで走り、フル充電で約10キロの距離を走れるのだとか。ハンドルが付いたスーツケースを自転車のようにまたげば、バイクのように、電動で楽々と走ってくれるのである。これなら飛行機に乗り遅れそうになっても、モードバッグに飛び乗れば、それほど焦る必要はなさそうだ。

・スーツケース自体が重いのが難点……

しかし、便利なようだが多少欠点もあり、スーツケース自体の重さが約8.5キロもあるため、気を付けなければ、すぐに重量オーバーしてしまう。だが、モードバッグを紹介した動画を見ると、かなりのスピードで走るスーツケースに乗った人々は、なんとも楽チンそうではないか!

別に旅行の時でなくても、ちょっと近所に出かける時や、バイクに乗るような感覚でレジャーとしても楽しめそうである。

・GPSシステムやスマホの充電機能も搭載!

現在、ネットで募金を募るサイト「INDIEGOGO:インディー・ゴーゴー」でキャンペーンを展開しているモードバッグは、すでに目標額の5万ドル(約530万円)を大きく上回る、15万500ドル(約1650万円)を集金。それだけに、かなりの注目を集めているのは確かなようだ。

モードバッグには、スーツケースの位置を確認できるGPSシステムが搭載され、USB端子付きなのでスマホやタブレットの充電も可能だ。価格は、995ドル(約10万5000円)と決して安くはないが、海外出張が多いという人は空港内を楽に移動できるだけに、持っていれば重宝することは間違いなさそうだ。

こんなスーツケースに乗って空港内を走っていたら、かなり周りから注目を集めてしまうに違いない。若者がモードバッグを手に入れたら、BMXバイクに乗るかのように、技やトリックをキメてしまいそうである。

参照元:YouTube、INDIEGOGO、Mashable(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る